2019年01月18日

ICS L85の改良型HOPレバーの件



先日、イギリス軍装備やブログ、サバゲーの大先輩、Kafu'様が試作で作ったICSの改良型HOPレバーを、テストしていただきました。m(__)mアリガトウゴザイマス

ICS L85シリーズが持っている弾道が左に曲がってしまう持病。
Kafu'様やその他の方々が言っておられる通り、独自設計のHOPレバーが片側保持の為に傾いてしまい、チャンバーパッキンを真上から均等に押さえていないのが原因だと解説しておられます。
詳しくはこちらの解説を見ていください。非常に分かりやすく図面化されております。

しかもこのICSの場合変な設計で、通常はHOPの構造はHOPレバーを0(ゼロ)にする方向にスプリングが付いているはずですが、ICSはその逆で押さえる方向にスプリングが入っており、HOPを調整するためには押さえつけられているHOPレバーを上に持ち上げてやらなくてはいけません。この構造もHOPレバーが傾いてしまう事にさらに拍車をかけています。( ノД`)ナンテコッタイ



画像の丸で囲ってあるパーツがHOPレバーです。




通常のHOPレバーのスプリングは押し上げる方向に力がかかっています。

東京マルイ式



ICS L85式






なんでこんなデザインにしたんだろう?(。´・ω・)

ICSからは改良型が出る気配もないし、サードパーティーからも何も出ないようだし・・・・・・

それならいっちょやってみますか!
って安易な考えで初めてしまいました( ̄▽ ̄;)ヤッチマッタイ










最初の考えでは、調整のしやすいドラムタイプが良いだろうと思って、ドラムを設置する場所を探しました。


やっぱりM4のようにチャンバーとメカBOXの間が良いかな~(⌒∇⌒)

こんな感じで出来たらかっこいいなぁ~

(画像は拾い物です。m(__)m)
・・・・・・・・・・・・・・・しかーし!







チャンバーとメカBOXに隙間なんかありゃしねぇ!さらにチャンバーがメカBOXに入り込んでるじゃねぇか!!





なぜこんな構造に・・・・・・これではドラムを設置するなんてできない・・・・・・・・
仕方ないドラムの位置を前方にもっていって・・・・・・・・・・・・・・

って前方も無理じゃねぇか!






チャンバーを思いっきり咥え込んでいる!前方も無理!



ったくしょうがねぇな・・・・・・・(-ω-;)ウーン


しょうがないので、ドラムは諦めてスタンダードM4のHOPパーツを使って図面をかいてみました。




いかがでしょう!
ストライクチャンバーなどのサードパーティのパーツも使用できるように、全てのパーツの寸法を取って図面にしてみました!

これが使えればICSのL85シリーズは飛躍的に使いやすくなりますぞー(⌒∇⌒)


いつもお世話になっている DMM.make に発注して、出来上がってきたナイロン樹脂のチャンバーを

挿入!・・・・・・・・・・・・・・・・・・




















入らねぇ!(;゚Д゚)




ここ!この部分が当たってはいらねぇ!

HOPレバーの分だけしか盛り上げていないのに、これで入らなくなるって、どんなけ隙間ないんじゃ!



と、そんなこんなで結局は片持ちタイプから両持ちタイプにする事がベストだという結論に至った訳です(´Д`)ハァ…




ここでふと思い出す・・・・・・・・・・・・・(* ̄- ̄)そういえば・・・・・・・・

L85A3ハンドガードキット・・・・・・・
現在発売されている全てのメーカーに対応させるべくアダプターの設計・試作をしていた時の事を思い出しました・・・・・・・・



各メーカーのL85、細かい寸法違いはあれども、ほぼ修正程度でアダプターが完成したのに、ICSのL85だけは・・・・・・

バレルの取り付け位置が異常に高い!






参考までに、G&G L85です。






この為にL85A3ハンドガードのアダプターをICS用に作りましたが、ハンドガードの中心よりもバレルが上にズレてしまいます。
(ヤフオクには出品していませんが、一応ICSもL85A3にできますよ(;^_^A)




そう言えばG&GのメカBOXも独自設計されていますが、評判の悪いロングストロークピストンと、もう一つ特徴的なノズルが下に偏心してある件。


Kafu'様画像使わせていただきました。m(__)m

あれは、実銃のバレルラインに合わせる為の対策だったのですね。

やっぱり、リアルサイズだったG&G!(◎_◎;)スゲー





話をICSのHOPレバーに戻して・・・・・・・


現在の進捗としましては、Kafu'様のレポートにもあったように何か所か、干渉してしまう部分がありますので、修正でいけるところは修正して、再度テストしています。完成しましたら再度ブログで紹介いたします。

















おまけ


以前からお伝えしていました LLM MK3バッテリーBOXのほぼ最終試作が到着しましたので写真だけでも載せておきます。







G&G L85のロアフレームに内蔵していたギガテック 7.4V 2050mAhがキツキツですが、入るようにできました。( ̄▽ ̄;)
これでほぼ完成だと思っているのですが、塗装もしていない状態なので、完成したらブログに載せます。
欲しい方がいらっしゃいましたら、このブログのオーナーへメッセージからご連絡くださいm(__)m

ただし、東京マルイの新品電動ガン1丁分ぐらいかかりますが(;^ω^)・・・・・






  


Posted by 裸の男爵  at 18:39Comments(0)L85A2ICS L85A2

2019年01月06日

新年なのでL85のあまり見ない画像など(;^ω^)





おかげ様で、HK416・417系のハンドガードの制作の依頼を多くいただきまして、最近はイギリス軍ネタから遠ざかっておりました( ̄▽ ̄;)


新年も明けた事ですので、ここは初心に帰って自分が愛してやまないL85系のネタでも書いていこうかと思います。

とはいえ、たいした情報も持っていませんので、今まで集めた珍しいかなと思うL85系の画像を貼り付けていきます(;^_^A







まずはハンドガードにライトを取り付けた物



SUREFIREなどの小型で高出力のライトが無かった時代の物ですね。


ちなみに警棒の代わりにもなるマグライトを取り付けたハンドガードの画像もあります。










ダニエルディフェンスのハンドガードが採用される直前のアクセサリーレールが追加されたハンドガード




マイナーチェンジ後(後期型)のハンドガードバージョン。


反対側にも取り付け用のナットが埋め込まれています、この辺は改修を担当したH&KのG36Cでも見られた手法ですね。





次に採用されなかった試作品のレールハンドガード


結構有名なB&Tのレールハンドガード




同じくB&T上部レールを開閉式にした物ですね。





カービンやL86用のレールハンドガードだそうです。一応あったのですね(^^;)








次は専用スコープ(ナイトビジョン)



くっそデカいですね、スターライトスコープ?ですかね。


こちらはナイトビジョンでしょうか。(^_^;)







電池4本で動くんですね、稼働時間はどれぐらいでしょうか?







以前も紹介しましたが、試作品グレネードランチャー







ハンドガード一体型グレネードランチャー




ハンドガードの裏側にレバーがあって・・・




レバーを操作してバレルを回転させて装填するようです。



・・・・・で肝心のトリガーが分かりません・・・・・・
H&K G3のグレネードランチャーもそうですが、この時代のヨーロッパ系のグレネードランチャーのトリガーが分かりずらいです・・・




次に100連C-MAGの試作品





画像左側が通常のM4などの標準タイプで、右がL85用に試作された物です。少し長いのが分かると思います。





ラベルにもSA-80と書かれています。




専用のマガジンポーチと一緒にテストされたようですね。




たぶんL86の装弾数を増やす目的だったのでしょうが、まぁこのC-MAGは採用されなかったのは仕方ないですね、自分も一度C-MAGを取り付けてみた事があったのですが、まともに頬付けも出来ないようになりますから。( ̄▽ ̄;)アハハハハハ


そして最後はポリマーバヨネット!




ブレードタイプとスパイクタイプがあるようです。




しかし、フラッシュハイダーに直接取り付けるのに、ポリマーで作ったらすぐに溶けてしまわないのでしょうか?(゜_゜)




今回紹介した画像や情報の9割9分9厘はFacebookのSA80Man様からいただいております.

他力本願丸出しですいません・・・・・・m(__)mスイマセン



おまけ

悪名高いチャージングハンドルの試作品です。





苦労したんだね(´;ω;`)ウッ…


  


Posted by 裸の男爵  at 17:00Comments(0)L85A2L85A3

2019年01月01日

新年明けましておめでとうございます。



先ほど撮った初日の出です。

ただそれだけなのですが、今年もよろしくお願いいたします。
(⌒‐⌒)  


Posted by 裸の男爵  at 07:15Comments(4)ご挨拶。

2018年12月15日

H&K HK416の衝撃的な情報・・・・( ゚Д゚)マジですか!





最初に断っておきますが、HK416シリーズが好きな方にはあまり良い話ではありません。(´;ω;`)



登場以来、常に進化し続け、今や特殊部隊装備の代名詞的な存在となっているHK416 !


現在は特殊部隊だけでなく、ノルウェー軍フランス軍も正式採用されるなど、ノリにノリまくっている感のある HK416 ですが、最近 Twitter上である欠点についての情報が飛び交っているようです。



(画像は ノルウェー軍 HK416N バレルにフロントサイトが取り付けてあります。)




自分はつい最近、MR762A1 や MR223A3のハンドガードを制作していましたので、他にも画像が無いかと情報収集をしていました。
今回のハンドガードの御依頼者様は、実はかなりのHKシリーズの好きな方で、シビリアンタイプのMR762やMR223の刻印を、セラコートで有名な鈴友㈱さんに送ってまで再現されるほどの方で、自分の知識など到底かなわないもの凄い方でございますm(__)mマイリマシタ・・・・
そのもの凄い方がもの凄いTwitterをされていまして、そこでこのとんでもない情報にたどり着きました。












なんと! HK416は使い続けていると、フルオート射撃の最中にバレルのつけ根辺りからボッキリと折れてしまうそうなのです!!






見事に折れていますねー
最初にこの画像を見た時には信じられなくて、誰かがゲーム中にエアガン持ったまま倒れて、ボッキリ逝ってしまった写真だと思ったぐらいでした(;・∀・)

この詳しい情報はこちらの方でThe Teppo Blogで、その内容や疑問点など自分の中途半端なブログなど、恥ずかしいと思えるぐらい素晴らしい内容でして、他にもイギリス軍特殊部隊で使用されているL119A1の刻印の件や、アメリカ軍デルタフォースが使用したSIG MCXの件などとにかく情報が満載です。一度ご覧になってください!(勝手に紹介してすいません・・・・)




The Teppo Blog 【HK416の問題点】より

※416はみんなが思ってるような魔法のドイツ銃じゃありません。

 DI式という穏やかな作動方式を前提とした設計に、強烈なガス圧を生じる作動方式を組み込んでいるためです。

 416の反動衝撃は、通常のM16/M4のそれを上回るものです。

 このリコイルのせいで、ショートストロークピストン式に基づいて設計されたものではないアルミ製レシーバーに、とても大きな負荷がかかるのです。(とは言ってもかなり強力なアルミ合金ですが。)





(◎_◎;)マジデスカ!








詳しい内容はThe Teppo Blogを見ていただくとして、上の文章を読んで、まず思い出したのが、強いスプリングなどに交換した時に起こる、メカBOXの割れ!



(画像はCombatdoll BLOG様)


電動ガンのメカBOXは 東京マルイさんが、長い年月をかけて絶妙なバランスの上で各部の強度が決められ、設計されています。
そこに、設計強度以上の高い衝撃が加わると、弱い部分から破損していまいます。


(こちらの画像はToy Gun.JP様ブログより、一部加工)


長い年月使用したメカBOXも、同様に破損したりします。
破損しているのが、バレルの付け根なので、射撃時のピストンの強い反動と、強化してあるリターンスプリングの為にボルトがさらに強くアッパーフレームに衝突している事が想像できます。それなのに、HK416の首回りはM4のサイズとほとんど変わりません。




さらにブログにはこの様な文章もありました。

HK416は、最初から存在しない問題に対する「解決策」で、価格が高すぎる・専用パーツが多すぎること以外にも様々な問題がありました。普通のDI式AR/M4なら問題ないような数々の場面で416は壊れやすいんです。




うーん(゜_゜) ビックリしたというか、なんとも拍子抜けな感じですが・・・・・・
HK416が新規で採用されたと言う情報が、あちらこちらで聞こえてくる一方で、HK416の登場初期の頃から使われていた特殊部隊の方々は、『この問題のせいで今はHK416をほとんど使っていない』 そうです(゜_゜)あらまぁ・・・・・



車で言うと軽四のボディなのに2リッター以上のエンジンを積んで ガンガン走ってたら、しまいにボディが裂けてエンジンが飛んで行ったような感じですかね・・・・・・・(要らない例えでしたm(__)mスイマセン)








しかし、HK416の折れた画像を見てもらえると分かると思いますが、HK416A1などの初期の頃のモデルです。
なので最近登場したHK416A5などは設計変更されていたり、素材や熱処理の改善などで強化されている事もありますので、全てのHK416がボッキリ折れてしまうかどうかはわかりません。


HK416は自分も好きなので頑張ってもらいたいですね、情報を注意してみてみましょう。
•o ( ` ・ ω ・´ )o今後に期待ですね。



















おまけ




G36Cのスライドストックバージョン?
こんなストックもあったのですね(;゚Д゚)
















  


Posted by 裸の男爵  at 12:03Comments(14)HK416VFC HK416A5

2018年12月08日

VFC HK416A5の、えっ!そこはそうなってるんですか?それでは入らない・・・(´;ω;`)






まだ、前回の話題を引っ張ります( ̄▽ ̄;)

御依頼をいただきまして制作した MR223A3ハンドガード ですが、あまりにも出来が良くって自分用にも一個作ってしまいました。


(写真のVFC HK416アッパーAssyは御依頼主様の物です。)














※ここで一つ訂正を、当方のブログを見ていただいた御依頼主様より、教えていただきました自分が紹介いたしましたH&Kのアクセサリースロット Hkeyに第一世代と第二世代があると豪語しておりましたが、間違っていました( ̄▽ ̄;)

当方が第一世代と言っていましたが正しくは、M.R.S(モジュラーレールシステム)



そして第二世代と言っておりましたが正しくは Hkey



Hkeyが変化したのではなく、僕が勝手に誤解しただけで、全く別物でした以前の記事も訂正いたしました、すいませんm(__)m














話は元に戻りまして、(;^_^A

自分用にも作ったMR223A3ハンドガードを取り付けてみようと、VFCのHK416A5のハンドガードを外しました。






HK416ハンドガードを固定しているボルトを外して~






ハンドガードを外して~









早速取り付け~(⌒∇⌒)

(。´・ω・)ん?

入らないぞ・・・・・










もしかして、今回の造形も曲がっている?!もしくは寸法に狂いが発生している?!(◎_◎;)


・・・・・あれれ?寸法はあっている・・・・・・なぜだろう・・・・・




おー、これか!







旧型には無かったはずです、ガスブロックに追加されたリブ


リアルな再現度でマニアをうならせている VFC、もしかすると実物もそうなのかなぁ・・・・
と思い、念のため確認してみると・・・実物パーツにはそんなリブがありません!


(見えにくいですが、矢印の方向がフロント側になります。)




このガスブロックに追加されたリブは形状から推測するにハンドガードのガタを防止する為なんじゃなかろうか・・・・・・・・・(-ω-;)
だいたい強い力が加わるハンドガードをボルト一本で固定するなんて無理が・・・・・・・・・・

いや、でも自分が作ったハンドガードを取り付けて、バイポットを取り付けても問題ないほどの強度があるし・・・・・なぜリブを追加しなければならないのだろう?(。´・ω・)?

・・・・・・ハンドガードにガスブロックを密着させて・・・・・・・


あっ!もしかして固定しているのはバレルの方か!!



VFC HK416A5 GBB はHOPの調整をしやすくする為に、HOPレバーの調整をガスレギュレータまで伸ばしたロッドを回転させる事によって調整します。






ガスブロは一発発射するごとに激しくボルトが前後するので、当然バレルには結構な衝撃が発生します。
この時にバレルがフリーフロートの場合、ハンドガードの中で暴れまわるので、当然バレルに取り付けてあるガスブロックも一緒に暴れまわります。

一瞬の事なので肉眼では確認しにくいですが、ユーチューブなんかで実銃のM4のスロー再生を見た方なら分かると思いますが、発射の度にかなり暴れまわっている様子が確認できます。

実銃ほどではないにせよ、強烈なブローバックに定評のあるVFC製ですから、やはりHOPがズレたりするのかもしれません。

そこでガスブロックをハンドガードの内側に密着させる事で、少しでも暴れるのを防いでいるのでしょう。




最初はあんな一本のボルトでハンドガードを固定するのが難しいからバレルで補強しているんだと思いましたが、逆ですね暴れるバレルを、ハンドガードに固定してもらっているのですね。




せっかく作った MR223A3ハンドガードの為に、あの邪魔なガスブロックのリブを削り取ってしまおうと考えていたのですが・・・・・・・

もう一度考える必要がありますね(゜-゜)ドウスルカナ











  


Posted by 裸の男爵  at 12:06Comments(0)HK416VFC HK416A5