2018年10月11日

イギリス軍の最新装備について。

イギリス軍の最新個人装備Virtus





最近のイギリス軍の画像を検索するとほとんどがVirtus 装備になっています、本当に急速に全軍に広がっている事が確認できますね。



こちらも急速に入れ替わっているLLM MK3少し前まではLLM01だったのに、ここ数年で一気に交代しましたね。







しかし、下の画像を見ていた頃はVirtus 装備と共にA3も配備されるものとばかり思っていたのにL85(SA80)A3の配備は全然進んでいなくて・・・・
むしろ自分の知り合いの方が先に配備しております(;´・ω・)ナンダカナ・・・・





もっとL85(SA80)A3の画像が出てくれないとオイラのハンドガードが売れない・・・・・
(心の声です、無視してください・・・・・)












まぁ、それはさて置き最近は日英合同訓練が日本で行われていて、今日もどこかで訓練しているのかなぁ~、なんて動画をチェックしていましたが、ちょっと気になったのでご報告をします。


こちらの画像はたぶんイギリス本国での訓練の様子だと思います。



うーんやっぱり最新装備はカッコいいなぁ~



ちょっと画像が小さくて見にくいですが、黄色の丸の部分はグロックのホルスターを固定する部分ですかね、流行りの太ももではなく腰のベルトに取り付けられているようですね。(・_・D


背面から



あれ?



あれあれ?(゜-゜)
なんだかあれが無いような・・・・・・




やっぱり付いてない!









やっぱり装備されていませんね、Virtus 装備の要、DWD ( Dynamic Weight Distribution System)!


これです、この背骨みたいな奴ですね。

FD様画像をお借りしております。m(__)m


イギリス軍の皆様は訓練や演習になると少しでも邪魔な物は装備から外されるので、特に重量物となるバックパックも背負っていないからだとは思いますがサイドアームのグロックもホルスターごと外してあったりするのは徹底しているというか何と申しましょうか・・・・・・訓練時と実戦時でかなりの重量差が生まれたりするので大丈夫かなぁと、と要らぬ心配ですね・・・・(;^ω^)























最後に予告となります。
G&Gから新しく電子トリガー仕様のL85ETUシリーズが発売されていますが、ハンドガードは依然として旧型のプラのままです。
A2仕様のレイルハンドガードは社外品として出ておりますが、装着すると内部のスペースが狭すぎてバッテリーが入りません。
さらに当方制作のL85A3ハンドガードキットを組み込むとさらに狭くて入りません。
一応L85本体内部にバッテリーを入れていますが、かなりギュウギュウ詰めで壊れたりしないかちょっと心配になります。


そんなこんなでバッテリーを外に取り付けできないかな~と思い、こんな物考えました。












とりあえずテスト段階で3Dプリントしてみました、塗装もしていない状態ですが、何とかバッテリーを入れることができました。(かなり無理やりですが・・・)無理やり延長しているのでかなり不細工になっています、上部と側面にあるアジャストボルトを前よりにずらしたりしてもう少し調整しないといけません。
また、情報が確定していませんがG&GのL85ETUには11.1Vを使った方が良いという噂を聞いていますので、こちらで手持ちの11.1Vを入れられるように設計しております。トレポンのストックに入れていましたOPTION №1の900㎜㌂11.1Vです。

もう少し試作を繰り返して出来上がったらまたご報告させていただきます。

こんなの欲しがる人いるのかな(;^_^A














  


Posted by 裸の男爵  at 17:25Comments(4)イギリス軍Virtus

2018年10月07日

ついに始まりました日英合同演習!

以前に陸上自衛隊がイギリスまで行って日英合同訓練をしたようですとお伝えいたしましたが、今回はついにイギリス陸軍が日本に来て陸上自衛隊と訓練を開始したようです!


(こちらの画像は以前にイギリスで行われた合同訓練の時の写真です。)


先月9月30日からはじまった日英合同訓練での映像が公開されていましたのでご紹介いたします。




これは陸上自衛隊のチヌークから降りて展開するイギリス軍!




おっ!L85(SA80)を装備されています!もしかすると...........





残念!A3ではありませんでした(*´Д`*)





ハンドガードはダニエル・ディフェンスのTANカラーですが、SPECTER OS4はおろかLLM MK3などの光学物は全て外されていました。
さらにさらに個人装備品を見てみますと・・・・・






頭のヘルメットは最新のBatleskin Cobra Helmetであることが確認できますが・・・・・・・






STV(Scalable Tactical Vest)は装備していないようです、また画像が荒いので見えにくいのですが、ヒップベルト周辺のポーチ類は取り付けてあるようなのですが、はっきりとは確認できません
(´;ω;`)



こちらは一緒に訓練した陸上自衛隊員です。



ゴーグルはクリアな物を使用していますが、メーカーはどこの奴なんでしょう?


またこの写真は誘導弾の訓練を自衛隊員とイギリス軍の合同で行っている様子ですね。



モニターを使って訓練するのですね(`・ω・´)ナルホド
動画を見ていたら、昔ゲーセンにあった潜水艦のゲームを思い出してしまいました(;^_^A




この日英合同訓練は9月30日から10月12日まで実施するそうです。
ひと昔前にはこんなにも遠く離れた日本とイギリスが合同訓練を行うなど思ってもみませんでした、世界情勢の変化やら政府の思惑やら色々あってのことでしょうが、この状態がもっと早く変化していたか、あるいは情報としても分かっていたなら本気で自衛隊に入っていたかもしれません。まぁタラレバの話ですが(;^ω^)





今回の合同訓練でイギリス軍も気合入れて来るだろうと勝手に想像して装備品やら確認していましたがイギリス本国で行っている訓練と同じような軽装備でちょっと拍子抜けしました・・・・・
まぁ別にこちらが勝手に期待していただけなのですが、マニアとしては最新個人装備がどのようにして取り付けられているのか気になるので・・・・・・・・・
見たかったです(´;ω;`)ウッ…




そして何度も動画を見ていたら気付きましたが自衛隊のチヌークから降りてくる時にイギリス軍と自衛隊員が同時に展開しています!



左が自衛隊員、右がイギリス軍ですな。


カメラがイギリス軍をメインに追いかけるので危うく見過ごすところでした(;^_^A
と言うことは、もしかすると国外のみならず国内での有事の際にも自衛隊と行動を共に出来るように考えているのかな・・・・・・

すげーなイギリス軍!すげーな自衛隊!!



  


Posted by 裸の男爵  at 10:46Comments(0)イギリス軍

2018年09月15日

ありがとうございます10万PV到達させていただきました!

ありがとうございます!ついにと言うかなんと言うか、気が付けば100,000PVを超えているのに気が付きました!




思えば最初に制作を思いついたL85UGL(マルイ製グレネード改)を同郷で憧れのブロガー先生Kafu'様に見てもらいたくて(自慢したくて(;^ω^))始めたこのブログ・・・・・




ブログを通じてとても親切にしていただき、イギリス軍のみならず自衛隊の知識も素晴らしく豊富なFoxtrot-Delta様


イギリス軍最新装備満載です、かっこええ~( *´艸`)

西側装備祭り2・3で御一緒させていただきました、おっくー様ならびにその他の方々(失礼)






また最近ではAAF社アメリカンエアソフトファクトリー社世界でただ一人メーカー公認のカスタマーとなって頑張っておられますMMC様


こちらはMMC様オリジナルのAAF M16A3 ! 正直欲しいです。・・・・・・財布にお金はありませんが・・・・


その他当方のブログにアドバイスをいただきましたリインフォース様Brikas様白様、名無しのゴンザレス様みや様ハースタル様ファイサル様yotaka様その他の皆様のおかげでここまで来ることができました、本当にありがとうございます!
(人''▽`)ありがとう☆ございます







当初はイギリス軍装備専門ブログのつもりが、最近は関係のない装備を作ってはヤフオクに出品したりしているので、イギリス軍マニアの方から見放されているのではないかと内心オドオドしています(;´・ω・)





でも、それでも良いのです!自分がこの趣味に入ったきっかけは銃の構造・機能それに起因するデザイン・スタイルがどうしても気になってしまい・・・・・・特に昔のヨーロッパ方面の銃って『なんでこんなデザインになったのか?、又は なってしまったのか?』を探る事が非常に楽しいのですから。(*´∀`*)

その中でも特に銃(特にアサルトライフル)の素材の変換期に登場したのが好きで、鉄の外装から樹脂の外装へと変わりつつある時代・・・・・・自分にとっては80年代は色んな意味で最高です!





そんな自分は無い物を作りたい欲が強くて、ついには家庭用の低価格な3Dプリンターまで仕入れて色んな物を作らせていただきました。




SHIELD RDSドットサイトカバー&OS4ロングフード




CZ P-09用ストレートバックストラップ




ELCAN SPECTER用 RMRドットサイトマウント(ガード有・無)




懐かしの JAC AR-18 チャージングハンドル&ストックピンセット



グロック用 ミートハンマー型マガジンバンパー





今現在は仕事が忙しい上に安物の3Dプリンターの調子がよろしく無い為、ヤフオクへの出品が出来ないでいますが、上記の商品の中でどなたか欲しい方がいらっしゃいましたらこのブログのオーナーへメッセージからご連絡いただくか、ヤフオクで別の出品物にご質問で『〇〇〇は作らないのですか?』と入れていただきましたら、頑張って作るようにいたします。
ただし自分の所有している3Dプリンターの調子が悪いため、すべての製造はDMM.makeに依頼して作ってもらっています。
その為、今までの価格では無理なので少し値上げしております、何卒ご理解ください。

以前に問い合わせのありましたCZ P-09ストレートバックストラップはそろそろ出来上がってきますので、近々出品させていただきます。
m(__)m




さらにと言いますか、以前に作ったイギリス軍のレーザー照準器 
LLM MK3




Foxtrot-Delta様がわざわざ海外から取り寄せた LLM MK3のモックアップをお借りして制作した物なのですが今回特別な許可を得てヤフオクに出品しようと思っています。1個だけなのですが我が家に予備に作ってあった奴があったのでそれを出品いたします。(;^_^A



結局宣伝ブログみたいになってしまいましたが・・・・・・・(;^_^A




ブログを始めた頃はまさか自分が10万PVに到達できるとは考えていませんでしたが、皆様のおかげで一つの山を登り切ったような感動がありました。数字だけではない事はわかっているのですが、なんだかこれでブロガーとしてある程度認めていただいたように感じるのです、あくまでも自己満足ではありますが。
これからもイギリス軍装備を中心として色々作りたい物があるのでその時は皆さまお付き合いくださいませm(__)m












  


Posted by 裸の男爵  at 16:37Comments(8)イギリス軍ご挨拶。3Dプリンター

2018年03月29日

イギリス軍がL110(MINIMI)を手放す!

ちょっとびっくりなニュースです。(◎_◎;)






自分の大好きなL86A2を押しのけて採用されたイギリス軍のL110A2/A3(MINIMI)が今後装備から無くなってしまうそうです。


(写真はL110A2)

以下翻訳サイトで訳した文章の一部を掲載いたします。

『L110の真の最大有効範囲は250mであり、中間範囲の近似には完璧であるが、より長い範囲では精度が急速に低下する』

もっと詳しい内容はこちらでご確認ください。

どうやらイギリス軍では100発のベルトを付けたL110では重量が8.5㎏となり、兵士一人の負担が大きいと考えているようで、どうせ【真の最大有効射程が250m】ならばそれなら今後はグレネードランチャーを装備したL85A3でそれはカバーできるだろうとの事。






300~400mの制圧はL110よりも役に立つだろうとの考えのようです。(グレネードランチャーの最大有効射程は350m前後)
それ以上の射程になる場合は以前から採用され信頼性のあるL7GPMG
があてられる。






更に追加装備としてL129A1の配備数を増やす事も考えているようですが、入札はまだ始まっていないようです。




最近ではアメリカ海兵隊がMINIMIからH&KのM27に変更したように、イギリス軍でも中間距離で5.56㎜をばらまくより少しでも正確な射撃をした方が弾の節約にもなるし有効だと考えたのでしょう。
少し前には各国の軍隊がこぞってFN MINIMIまたは類似のLMGを採用したものですが、今やその流れも変わりつつあるのですね・・・・・・・・

中途半端に無駄弾撃つより少しでも正確に敵に有効弾を与え、さらに移動の際には兵士の負担とならないようアサルトライフルのような物が望ましいとこう言った感じなのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・ん?



待てよ・・・・・・・・・・・・




どっかでそんなアサルトライフルのような物見たことがあるぞ・・・・・・・・・




イギリスの奴で名前がたしか・・・・・・・・・・・・・・・・・






L86A2じゃねえか!!




しかしイギリス軍ではL86A2の復活は考えていないようです(´;ω;`)ウゥゥ
あんあに命中精度いい奴なのに、もったいない! ヽ(`Д´)ノ
新しいハンドガードとより軽量なバイポットでも装備させて再配備してくれれば良いのに!!









おまけ

ところで以前から何度も話題に出しているこちらのL86A2の写真。



真ん中のL86A2がバイポットとハンドガードを取り外してどこか知らないハンドガードに交換されて使用されている写真、このDanieldefenseでもないB&Tでもない奴。
いったいどこのハンドガードだろうと不思議に思っていましたが、ついに分かりましたそれは・・・・・



SUREFIRE(シュアファイヤ)製L85用ハンドガード



おどろきましたね~まさかSUREFIREがL85のハンドガードを作っていたなんて(◎_◎;)

  


Posted by 裸の男爵  at 01:11Comments(0)L86A2L85A2イギリス軍

2018年03月21日

日英合同訓練続報

前回の記事を書いた時にタイトルを間違って、次回書こうと思っていたネタを書いてしまいまして(;^_^A
すぐにタイトルを変更したのですがしばらく残っていました・・・・・

と言う訳で今回のネタは

日英合同訓練続報です。



色々調べまくっていた今回のネタですが、何の事は無い普通に駐日英国大使館のブログに載っておりました(;^_^
合同訓練の詳しい内容はこちらでご覧になれます。


駐日英国大使館のブログより
陸上自衛隊富士学校の偵察部隊隊員は、米国海兵隊、英国陸軍と共に「バンブレース・ウォーリアー」訓練を研修しました。英ウェールズで、持続的隠密監視部隊(SCS)によって構成された「バンブレース・ウォリアー」訓練では、近距離目標偵察訓練、遠隔射撃の終末誘導訓練などが行われました。

書かれていた一部をそのまま載せさせていただいております。m(__)m





しかし!

しかしですよ!

自分が驚いたのがイギリス軍の兵隊さんと一緒に写っている自衛隊員を見てください!

なんと!L85(SA80)を装備しているではありませんか!!

陸上自衛隊員がL85を装備しています!!!





他にも偵察行動中の写真や





無線で連絡をとっている写真が載ってありました。




そして今年、2018年には今度はイギリス軍が富士の陸上自衛隊の演習場で合同訓練を実施する事がすでに決まっております。



以前にも言いましたが、各ミリタリー雑誌様!

どうか!

どうか!日英合同訓練の総力取材をよろしくお願いいたします!m(__)m




















おまけ

というか宣伝です(;^ω^)


新しい小物を作りました。

また同じような物ばかりなのですが、

レプリカSpecter DR に東京マルイ マイクロプロサイトを載せる事ができるマウントベースです。






ヤフオクはこちらです。

以前にヤフオクの質問でお問い合わせいただいた物を制作しました。

レプリカのドクターサイトが壊れてしまった人や、何か違うドットサイトを載せてみたいと思った方にどうでしょうか?(;^_^
東京マルイ マイクロプロサイトの取付けネジの部分にはM3のインサートナットを使用していますので繰り返しの脱着にも対応しております。

他にもレプリカのRMRを載せる事の出来るマウントなども制作しております。

ヤフオク一覧はこちら

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
  


Posted by 裸の男爵  at 21:09Comments(2)自衛隊イギリス軍

2018年03月16日

L85A3(SA80A3)

3月ってなぜこんなに忙しいのでしょうか(。´・ω・)?

一か月以上放置したのは初めてでございます(T_T)


自分がブログの更新をさぼっている間に大先輩のKafu'様、Foxtrot-Delta様がイギリス軍新装備VIRTUSや新型レーザーサイトLLM03のとてもマニアックなコラボレーションをされているのを楽しく拝見していました(;^_^A

その間に世間ではどうやら最新のL85A3(SA80A3)の画像が公開されたようです。
こちらから確認できます。


最初に配備される部隊はGrenadier Guards(グレナディアガーズ)という部隊だそうです。



このパッチは闘牛でしょうか?初めて見ました。

以前に3Dプリンターを使ってL85A3を制作した自分にとって今回の写真では新発見がありました!

(これは自分で制作したL85A3です。)(;^_^A



それは新型ハンドガードの断面です




自分で制作したハンドガードは公開されている画像から出来るだけの想像力で作った物なので、新しい画像が公開される度に新発見があります。

(自分で作った方のハンドガードです。)



実は写真の以前に3Dプリンターで作ったL85A3は一度取り外してある方のもとへ旅立っていきました。
(T_T)いままでありがとう。

というのも、以前から公開されていたL85A3の画像をずっと見ていると、新型レールの下側先端部分の形状が若干違うように見えてしまい少しの修正を加えて新調しようと思ったのです。


最近ちょっと3Dプリンターの調子が悪くて、なんとかメンテナンスも終わって、やっとハンドガードが新調されたばかりなのに・・・・・・・・
こんな最新画像をみてしまうとやっぱり・・・・・・・・・・・・



修正したくなるじゃないですか!!


L85A3のハンドガードが余ってしまうな(・_・;)どうしたものか・・・・・・・・・・・






おまけ


おまけというか以前にLLM MK3を作った時に仕入れた3Dプリンター用のゴムフィラメントが余っていたので、お遊びでこんな物作ってみました(;^_^




L85のスコープがSUSATからトリジコンに変わり始めの頃によく見た
アイカップ


(実物の写真です。)

一時本当に欲しかったのですが、ミリフォトにも登場しなくなり忘れてしまっていたのですがふと思い出して作ってみました。
(;^ω^)



しかしゴムフィラメントは調整が難しく不安定でなかなか綺麗に出来上がってくれません。



内側はもっとひどくて糸引きまくりでとても製品にはできない状態です。
温度の調整や印刷スピードで何とかなるかなぁ・・・・・





  


Posted by 裸の男爵  at 23:04Comments(3)イギリス軍L85A3

2018年02月12日

日英同盟復活


(写真は全てネットで拾ってきたものです、問題があれば削除いたします。)


スマホで過去のニュースを読んでいたら以下のような事が書かれていました。

今なぜ日英同盟復活なのかと言う記事です。



以下記事より


2017年12月にロンドンで開催された日英の外務・防衛担当閣僚会議にて日英両国はインド太平洋地域の安定のため、英国が近く配備する予定の最新型空母をこの地域に展開させることや、北朝鮮の脅威に対して協調して対処すること自衛隊と英軍との共同演習を定例化し、部隊間の交流を深めていくこと、さらに、将来型の戦闘機の共同研究を進めることなど23項目について合意した。


詳しい内容に関しては政治的な事なので全く分かりませんが、自分としては気になったのは以下の3点。

【最新型空母をこの地域に展開】
【北朝鮮の脅威に対して協調して対処すること】
【自衛隊と英軍との共同演習】


【最新型空母をこの地域に展開】

これはもしかしてあの有名になった空母クイーンエリザベスの事ですね。

(クイーンエリザベス 空母と検索して拾った画像です、間違っていたらごめんなさい。)
自分は空母に関しては全く知識が無いので詳しい事はこちらの記事にかいてあります。ご覧ください。


【北朝鮮の脅威に対して協調して対処すること】




これも以前にテレビのニュースなどで聞いた事があったのですが、なぜイギリスがこんな離れたアジアの問題でわざわざ日本の味方になってくれるような発言になったのか、なんだか不思議でしたが外務省や安倍首相の努力なんだろうとその時は思っていました。
しかし単にそれだけではなく、両国間の立場がパートナーから同盟国へと進展させているためだという事が分かったので、より一層納得のが出来ました。





しかし、しかしですよ!自分がなにより気になった記事がこれです。
【自衛隊と英軍との共同演習】


今までにもイギリス軍との共同演習はあったと思います。その殆どが海外で多国間の演習に参加してそこに自衛隊やイギリス軍が共に行動した。程度の内容だったはず・・・・・・・・
最近公式にもアメリカ軍と大規模な演習をしたり自衛隊員がアメリカに派遣されたりばかりを見ていたので、よもや我が国とイギリスがこんなに急接近しているとは想像もしていませんでしたΣ(・□・;)
まあただ単に勉強不足と言われればそれだけなのですが(;^ω^)





しかし最初に紹介した記事には以下のような内容が書かれていました。

〇15年2月、横須賀の海上自衛隊自衛艦隊司令部に英海軍から連絡将校が派遣され、常駐するようになった。
〇ソマリア沖で、海賊対策の任務に当たっている多国籍の海軍部隊、第151統合任務部隊(CTF−151)の司令官に海上自衛隊の海将補が着任するときは、慣例のように英海軍から補佐役として参謀長が派遣されるようになった。
〇16年10月、英空軍の戦闘機、ユーロファイターの部隊が日本の三沢基地に飛来し、航空自衛隊と共同訓練を行った。
〇同じ時期、陸上自衛隊富士学校のレンジャーが英国のウェールズの基地で、英陸軍や米海兵隊の部隊といっしょに偵察活動の共同訓練を実施した。
〇17年5月には、陸上自衛隊、英陸軍、米海兵隊、それにフランス海軍が参加した日米英仏の共同演習も初めて実施された。多国籍の演習ではあったが主導しているのは日英であった。


もう関係はベッタベタですがな。

さらにさらに!

18年、英国陸軍の部隊が日本の富士山麓の自衛隊演習場に派遣され、陸上自衛隊との初めての共同演習を行うことや、海上自衛隊と英海軍の対潜水艦共同演習も予定されている。



なっなんですと!!
英国陸軍の部隊が日本の富士山麓の自衛隊演習場に派遣され、陸上自衛隊との初めての共同演習を行う

いったい英国陸軍の部隊とはどこのどの部隊なのですか!?
富士山麓の自衛隊演習場に派遣って!!

という事はですよ!イギリス陸軍の方々が日本に来られて演習されるのですよね!!そうなるともちろん持ってこられるのですよね!

L85A2(SA80A2)を!!!


本当はL85A3と言いたいところですが・・・・






実際には素人の自分が実際のイギリス軍の方々を見る事はできないでしょうが・・・・・


日本の各ミリタリー雑誌様!なにとぞ陸自と英陸軍の演習を総力取材をお願いいたします!
m(__)m




紅茶を準備しといた方が良いのかな・・・・・(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)アセアセ

  


Posted by 裸の男爵  at 17:58Comments(7)自衛隊イギリス軍

2017年01月22日

西側装備祭2ndに参加させていただきました。

10年一昔・・・・・・・

とは良く言ったものです・・・・・・・・・


しかし、自分にとっては


20年一昔!!
Σ( ̄ロ ̄lll) オーマイガッ!!


最後にサバゲーをしたのはいつだったか・・・・・・・・・・

当時はもちろんサバゲー専用フィールドなど存在しませんでした、存在していても知りませんでした。
学生時代に友人達とサバゲー出来そうな山の中を大量の荷物を持って『はぁはぁ』言いながら移動し、サバゲー終わってからの帰り道は移動の電車の中で死んだように眠っていました。
それでもその時間が本当に楽しかったのですけどねσ(^_^;)

時は流れて・・・・・・・・
本当に久しぶりにサバゲーに参加させていただきました。

しかも今回はあのブログの大先輩であるKafu’様と、そのご友人様よりお誘いをいただき、
西側装備祭2ndに参加させていただきました!


(ひとり勘違いしたポーズをとっているのが、自分であります・・・・・・・・)


まず、あまりにも久しぶりのサバゲーのため、絶対に遅刻してはならない!と考えた自分はあろう事か開場の2時間も前に現場に到着・・・・・・
いやだって当日はすんげー寒波が来るーって予報だったので、念には念をいれてとっても早く家を出ました。ヾ(;´▽`A``
(他に県外から参加された方々は峠で雪に見舞われたそうです、事故が無くて良かった。)




まぁそのおかげで装備の再チェックをこれでもかと確認する事ができましたけどね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


そしてついにKafu’様と初のご挨拶。
とても暖かく迎えていただきもう本当にありがとうございます!(///∇//)テレテレ

当日はあまりにも久しぶりのサバゲーで、しかも初体験の有料フィールド(UF-Guardian)と言うこともあって、どうして良いのか分からずに右往左往していた自分に色々とご教授していただきました。
もう感謝感激雨あられです!

しかも今回のイギリス軍での参加は自分とKafu’様、そして前回の西側装備祭にも参加されていました御友人の方の3名だったのですが、御友人の方が仕事の都合で参加出来なくなったとの事で、結局2名でのエントリーとなりました・・・・・・・が!
なんとその御友人が自分があまり装備を持ち合わせていない為にわざわざ仕事の合間に届けに来てくださったのです!
しかも完全装備で・・・・・・・・(あれ?仕事は?σ(^_^;)... )



(左から、自分(裸の男爵)・Kafu’様・そして右が御友人)


西側装備祭なのにそんなに装備を持っていない自分の為に、さらにゲームには参加出来ないにもかかわらず3人で写真を撮りたいと、仕事の時間を割いて来ていただきました!
とてもとても感激いたしました!!
この場をお借りいたしまして本当にありがとうございます
゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚






いやーさすがに皆様、装備に対しての気合いが違います!まるで映画の撮影に来ているようで圧倒されてしまいました。
当日の詳しい内容は主催者であられます、くずき様がブログにUPされていますのでこちらをご覧ください。

くずき様本当にお疲れ様でした。(*⌒0⌒)


以下、当日にKafu’様が撮影していただいた写真を使用させていただきます。











いやー当日は予報通りの寒波でしたが、午後からのひたすらゲームが始まると、休憩中に喋る気力も出ないくらい暑くなりました。
本当にたのしませていただきました。

こんな時間を作ってくれた嫁にただただ感謝の言葉しか出てきません、ありがとう。




そんなこんなで西側装備祭2ndの余韻に浸っていると数日後に荷物が届きました。



ナギサプロジェクトさんから!
これはもしや例の製作途中のあのパーツ!!

ついにG&G L86A2化計画再始動です!  


Posted by 裸の男爵  at 06:29Comments(4)L86A2イギリス軍ご挨拶。ゲーム

2017年01月07日

今頃ですが、新年明けましておめでとうございます。

なんか良いことないかな~



新年が明けてしまいました。去年同様窮地に陥っている裸の男爵でございます。



とにかく悩んでいても仕方ないので早速現実逃避しようと思います。

ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ




今年に入ってもうすぐ西側装備祭が開催されますので、それに備えて準備をしています。
とーーーーても久しぶりにサバゲーに参加するので、色々と確認してみると
『あれも足りない、これも足りない、あっ!これ壊れてますやん』
と右往左往しております。(T_T)




まあそんな訳でいきなりですが、資金が窮地に陥っているのでヤフオクに出品いたします!

今回は以下の物を出品しております!

 G-3メタルフレーム(CA製) 東京マルイメカBOX(配線は交換済み・内部ノーマル) M4仕様ストックに交換・G&G製グリップフレーム交換






 MGC P7M13 ガス漏れ無しですがジャンクです。
(スクイーズコッカーの動きに問題あり、スライドストップ作動しない・手動なら効きます)






 官給品 実物 DanielDefense FSP M4A1 レイル中古







 トレポンPTW モーター 中古






もう売る物も無くなってきたのでなり振り構わずに売れる物は売っていきます。皆様どうぞよろしくお願いいたします。
m(*T▽T*)m  


Posted by 裸の男爵  at 04:14Comments(0)イギリス軍ご挨拶。

2016年12月24日

ダンケルクの戦い(ダイナモ作戦)

G&G L86A2化計画はほんの僅かですが、現在進行中であります。
年末の忙しい時期にナギサプロジェクトさんにG&Gのバレルの加工をお願いしてしまったせいで、ナギサプロジェクトさんにご迷惑をおかけしております。
m(_ _;)mスンマセン・・

バレルの延長加工が出来上がってくるまで、少し時間がありますので違う話題でも・・・












ミリブロニュースで『ダンケルク』なる映画が来年(2017年)の7月に公開されるとの記事がのっていましたね。

以前に書いたL85の問題点を自分なりに考える。 その4の後半部分で自分も触れていましたので、このニュースを見た瞬間、『おおー!ダンケルクの戦いが映画になったのか!!』と喜んでしまいました。

映画自体の解説はミリブロの記事を読んでいただくとして・・・・・・・・・・・・・・・・
実は正直なところ自分はダンケルクの戦いを知ったのは、L85の資料を漁っていた時にウィキペディアで読んだだけでして、【第二次大戦中にイギリス軍及びフランス軍の兵士を脱出させるための戦い】程度の知識しかありません<( ̄∇ ̄)ゞ

【L85の問題点を自分なりに考える。】シリーズの中でさも知っていたかのように振る舞っていましたが、私の知識はこの程度です。ごめんちゃいm( __ __ ;)m





しかし、このダンケルクの戦いにおいてドイツ軍に包囲されたイギリス軍及びフランス軍がどのようにして避難するのか、資料では【民間の漁船やヨット、はしけを含む、あらゆる船舶を総動員した撤退作戦(ダイナモ作戦)を行い連合軍のほとんどを脱出させる事に成功。】とありましたのでそりゃぁ壮絶な脱出劇だったにちがいありません。
また、【数十万の兵士がほぼ丸腰で帰還することとなり】との記載もあったのでその後いかにしてイギリス軍は戦争を続ける事が出来たのか、非常に興味深い映画です。





監督はクリストファー・ノーラン

この監督の作品は【バットマンビギンズ】・【ダークナイトシリーズ】・【インセプション】・【インターステラー】など話題になったものばかり、自分はまだ見ていませんが【インソムニア】(アルパチーノとロビンウィリアムズ出演)なんかが興味ありりますね。“o(* ̄o ̄)o


主演はトム・ハーディ

この方はかの有名な【ブラックホークダウン】(トゥオンブリー特技下士官)に出演、ネルソンの頭上でM249MINIMIをぶっ放して難聴にさせた人ですね。σ(^_^;)
また【マッドマックス怒りのデスロード】では主役のマックスを演じていらっしゃいます。他多数出演作品あり。


来年見るのが楽しみです。ヽ( ̄∇ ̄)ノ ランラン♪










  


Posted by 裸の男爵  at 04:50Comments(0)映画イギリス軍