2018年09月04日

M110A1CSASSハンドガード制作




アメリカ陸軍が採用したM110A1 CSASS

現行のSR-25をベースとしたM110 SASSの後継として採用されたとの情報が流れた時に公開されていた画像では、ハンドガードにはKEYMODが採用されていました。



このKEYMODの隙間にパンチングで穴を開けまっくたデザインがなんだか嫌いで、最初は見向きもしませんでしたが途中でM-LOKに変更されてからのデザインがカッコいいのでこれは作ってみたいと思った次第です。



最初はレールの全長がわからなかったのですが、ネットで公開されている画像から上部レールのスロットの数を数えて全長を決めたのでほぼ合っているんじゃなかろうかと思っています。(;^_^A


DMM.makeから出来上がってきた状態では表面がザラザラの真っ白な状態です。



この状態で東京マルイのHK417に取り付け出来る事とPTS製のM-LOKが問題なく取り付け出来る事を確認しました。


本当はTANカラーに塗装してさらにVFC G28に装着できれば最高にカッコいいのですが新品で10万円もするような物を買うことは出来ないので、とりあえず黒に塗って装着してみました。(;^_^A





黒のM110A1もなかなか良いのではないでしょうか(*^-^*)







PTS製のM-LOKを取り付けて、バイポットを装着させています。
M-LOKスロットの厚みは4㎜あります、ナイロン樹脂は3㎜の厚みがあればゲームで使用に問題ない強度が出ますので十分な厚みがあります。



後は八角形のサイレンサーでも取り付ければ完璧なのでしょうが、売っていないのでどうするか考えています(゜-゜)




やっぱりG28に取り付けた方がカッコいいだろうなぁ~










興味のある方はこのブログ左側にあるオーナーへメッセージでご連絡ください。

ちなみにHK417A2ハンドガードは塗装も含めて¥21,500(送料着払)
M110A1ハンドガードは予価¥28,000(送料着払)となりそうです。

  


Posted by 裸の男爵  at 16:38Comments(0)HK417M110A1

2018年09月01日

HK417軽量ハンドガード!







はい、つい最近まで高熱を出して寝込んでいました、裸の男爵でございます。

年を取ってから高熱を出すとこんなにも苦しいものなのかとビックリいたしました・・・・・・・
(´Д`)ハァ…




話をHK417軽量ハンドガードに戻します(;^ω^)

このハンドガードを制作したのは前回の記事でもコメントを入れていただいておりますヒューイ様から軽量なハンドガードを作れないかとのご依頼をいただいた事から始まりました。

当方、イギリス軍が好きでL85A3ハンドガードキットなんて物を作っていますが、こう見えても(どう見えて?)7.62㎜のライフルが結構好きで、ブログなんて始めようとも思いもしなかった学生時代にコクサイM16ユニットを内蔵させたFAL L1A1を作ってみたり


現用装備として採用されたL129A1を作ってみたり


一時期はVFCのHK417を購入していた時期もありました。まぁVFCはすぐに手放してしまったのですが・・・・・・
だっていくら7.62㎜のライフルだといってもHK417の分厚さはとても扱いにくかったんですもの(;^_^A




しかし本場ラスベガスのショットショーで見た”HK417A2”


このハンドガードなら薄くて扱いやすいだろうなぁ・・・・なんて思っていただけで実際はそれほど欲しくもなかったのですが、メールでヒューイ様から軽量ハンドガードの制作依頼を受け取ってからは段々とHK417A2ハンドガードの存在が気になって気になって(゜.゜)
ただ単にHK417のレールハンドガードを樹脂で作るよりもこっちの方がさらに軽量化できそうだなぁ(゜_゜)


ヤフオク、で何かないかな~

おっ、ボロボロの東京マルイ HK417が出てるぞ・・・・・・
しかもVFCのハンドガードとショートバレルで12インチ仕様にしてある・・・・・
ボロいけど本体の採寸さえ出来れば良いよね・・・・・・・
ポッチとな。



東京マルイ HK417が届いたら試射もせずに早速計測して図面を制作。こんな感じでできました。



上部レールの前方部分にピカティニーレールの溝がないのは、この部分に実物のHK417A2では折り畳み式のフロントサイトが入っていたので、それを再現するかそれともレールの溝を先端まで作るか迷っていた為です。

図面が出来上がったので早速DMM.makeへ発注して出来上がった試作品がこれです。



いつもは例え図面上で問題が無くても物が出来上がったら問題が発覚する場合が多いのですが、今回は珍しく一発できれいに取り付けできました!おおー俺ってスゲー!!

ついつい嬉しくなってブログに載せがてら、ご依頼主のヒューイ様に報告、こんなのできましたー(*´∀`*)


すると早速『それ、ください!』

おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ)ーありがとうございます!
それでは発注から一週間でDMM.makeから物が届きまして、それから塗装さぎょう・・・
『それください、今あるやつください』
えっ、これですか!?
『はい、それです』
試作品ですよ!いいんですか!?
『はい良いんです』
ありがとうございますー!(人''▽`)

なんて男前な人なんだ!
早速、ハンドガードの最終調整と簡単な塗装を施して送らせていただきましたー!


そしてヒューイ様が独自にカスタムされたHK417がこれです!





かっこええ( *´艸`)
あっ、このハンドガードってサイレンサーが奥まで入るんだー
自分で設計しといて全然気づきませんでした(;^_^A




早速ゲームで使用していただきましたが、樹脂で出来ていても強度はしっかりしており、全く問題ないとの事でしたー!
樹脂(ナイロン)で作っているので、自分でも簡単に曲がったりしないだろうかと心配になりましたが、東京マルイのスタンダードM4などのフレームに使われている樹脂(ABS?)よりも遥かに強いので安心してゲームでも使用できます。



そして細かな放熱穴の位置を調整したり、ヒューイ様の意見で上部のレールの溝を先端まで伸ばした仕様を早速作ってみまして。





調子に乗ってヒューイ様に報告したら、なんと!

『それもく・だ・さ・い』

ひえー(;^ω^)


ありがとうございます!

写真を撮るのも忘れて、塗装して送らせていただきましたー!


次回のゲームで使っていただけるそうで、こちらとしても楽しみにしております、よろしくお願いいたしますm(__)m










最後におまけと言うか、次回予告です。

実はHK417がらみでもう一つ気になっていた物がございましてそれはこれです!







アメリカ陸軍で採用決定の情報が流れてからも全く配備が進んでいないのですが、2019年度の予算に計上されたようなので、本格的に導入されるのは年が明けてからになるようですね
そして実は試作品はもう出来上がっております。
ハンドガードはM-LOK仕様なのでM-LOKアクセサリーが装着出来るように設計いたしました、実際にPTSのM-LOKレイルが装着できる事を確認済みです。後はもう少し細かい所を変更するだけでM110A1が再現できると思います。






興味のある方はこのブログ左側にあるオーナーへメッセージでご連絡ください。

ちなみにHK417A2ハンドガードは塗装も含めて¥21,500(送料着払)
M110A1ハンドガードは予価¥28,000(送料着払)となりそうです。







  


Posted by 裸の男爵  at 00:43Comments(0)HK417

2018年08月12日

G&G L85A2 ETU

ついに発売されました、G&G L85 ETUシリーズ。



我が家にも到着したので早速見てみたいと思います。




内部の緩衝材はぺらっぺらのプラスチックではなく、硬い発泡スチロールでしっかりとしています。



いったて普通のL85A2

一刻も早く内部が見たいので、試射もせずにいきなり分解!



ここまでは以前のバージョンと全く同じ手順で分解できます

それでは皆様おまちかね、新型ETU仕様 メカBOXです。






緑色のパーツがETUのユニットになっています。



スイッチ部分。



トリガーを引くと矢印の方向にパーツが動いてスイッチを押すのは旧型でも同じですね。




追加された信号線?


そしてメカBOXの反対側



この様になっています。これを見ただけでも旧型をETUパーツだけ交換するのは無理がありますね。(;^_^A



セミ・フル切り替えスイッチの部分です、バーストの設定も可能との事ですがまだ試していません。それよりも分解・組立の時に破損してしまいそうで怖い部分ですね。


そしてずっと気になっていたピストンストロークロングなのか、それとも下駄履きのノーマルストロークなのか・・・・・








答えはロングストロークでした(;^_^A

ただし、旧型がロングストロークよりもノーマルストロークの方が良かったので、新型もそっちの方が良いと考えていましたが、新型ETU搭載型では安易にストロークを変更すると作動にどう影響してくるか分かりませんし、まだパーツ供給されるかどうか聞いていないのでもしETUを壊してしまったら、それこそただの鈍器になってしまうので、この部分は慎重に検証したいと思います。


内部のメカBOXはこのような感じでした。


その他外装に関して言えば、旧型と全く同じでしたので当方のG&G用L85A3ハンドガードキットも問題なく取付けできます。(;^_^A








それ以外に気付いた点ですが、トリガースプリングがめっちゃ軽くなっていました!

これはもしかすると新型ETUになってセミオートの多様時に指が疲れない様にするためか?それともETUスイッチを引く力を少しでも優しくさせるためにソフトなリターンスプリングに変更したのか?そんな事を考えてしまうほど、旧型よりもトリガーが軽くなっています!

それとは逆にダミーボルトのスプリングは強い物に変更されていました。
旧型では軽くカシャカシャ動いているような感じでしたが、新型ではジャキン!ジャキン!といかにも作動している!って感じで迫力が倍増していました!Σ(・□・;)スゲー

ETUの制御によって毎回同じ位置で停止・スタートが出来るようになったのでトリガーを引くたびにボルトがジャキーンと閉鎖されるのでとても気持ち良くなっていました、当方で所持している旧型はセミでもフルでもトリガーを離すと中途半端な位置で止まってしまうボルトが嫌で全て外していましたが、今回の新型は外したくなくなるほど気持ちいいです(#^^#)


ちなみにネットの情報で、G&GのETU搭載型では7.4Vではすぐに停止してしまうので、11.1Vを使いさらに内部の強化をしなければならないと言われていましたが、試しに当方の持っている7.4V2050mAhをつないで作動させてみました。
数十発程度の試射でしたが、今のところ綺麗に作動してくれています。


さらにそれよりも容量の低い7.4V1400mAhもつないで作動させてみましたが、さすがにこれでは容量不足の様で、セミで撃つとダミーボルトがちゃんと閉鎖するまで動いてくれませんでした。

今後はバッテリーを11.1Vそしてノーマルストローク仕様では問題無いのかをチェックしたいと思います。


以上、簡単ではありますが、レビューさせていただきました。  


Posted by 裸の男爵  at 13:11Comments(2)L85A2

2018年08月09日

WE L85A2に対応したA3ハンドガードキットをヤフオクに出品いたしました。



取り急ぎ、ご案内させていただきます。

仕上げ作業にえらく時間がかかりましたが、やっとWEのL85A2に対応したA3ハンドガードキットをヤフオクに出品いたしました。(^_^;)

G&GのL85シリーズとは微妙に寸法が違うので調整に苦労しました( >Д<;)

PCの調子が悪いせいで今回もスマホからです。










何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m  


Posted by 裸の男爵  at 13:37Comments(0)L85A3

2018年08月08日

Hk417A2ハンドガード作ってみようと思います(^_^;)



パソコンがぶっ壊れているので今回はスマホからです。m(_ _)m

最近はL85A3ハンドガードばかり作っていた裸の男爵ですが、実は他にもまだまだ作りたい物がいっぱいありまして…………
色んな物に手を出しては途中で他の物に手を出したり、何とも中途半端な事ばかりしています。

そんな中、ある方からHk417がめっちゃ重いので、ハンドガードだけでも3Dプリンターで作れない?との問い合わせが………

この時、普通にお見積を提示させていただいたのですが、制作費用とは別にHk417本体をこちらへ送っていただく送料やら手間やら色々かかってしまい、いまだに正式注文にはいたっていないのですが、この時にふと頭を過ったのが、ラスベガスで開催される本場のショットショー。
そのヘッケラー&コッホのブースにあった
Hk417A2!

(画像を探していたらなんと2015年!つい先日見たばかりだと思っていたのに(・・;))

これは民間仕様で、フルレール仕様のバリバリのミリタリーとは違ってスリムな印象が良い感じです。
(〃´∀`〃)

左右のレール取り付け用の穴は、ヘッケラー&コッホ独自規格のHkey(KEYMODよりも小さい。)
これはL85A3ハンドガードを作った時に図面を書いたのでそのデータが使えます。(勝手に寸法を決めただけですが(^_^;))

これは作ってみようと思って作って見ました。
Hk417本体はヤフオクでボロボロの奴を手に入れました、東京マルイ製ですがハンドガードはVFCの短い奴がついていました。

出来たのがこちらです。

















こんな感じで第一次試作は完成しました。
本当はフロント部分に折り畳み式のサイトがあるのですが現物がなく作れていません、このままでいくか、レールを前方まで伸ばすか考え中です。
(^_^;)

メールでお問い合わせいただいた方、こんなん出来ましたがいかがでしょう?(^_^;)

完成まではもう少しかかりますが、他にも欲しい方がいらっしゃったら、このブログ左側にあるオーナーへメッセージからお問い合わせください。
ただし仕事の終わった時間でするので、進行はめっちゃ遅いですが………
  


Posted by 裸の男爵  at 11:33Comments(2)HK417