2018年10月11日

イギリス軍の最新装備について。

イギリス軍の最新個人装備Virtus





最近のイギリス軍の画像を検索するとほとんどがVirtus 装備になっています、本当に急速に全軍に広がっている事が確認できますね。



こちらも急速に入れ替わっているLLM MK3少し前まではLLM01だったのに、ここ数年で一気に交代しましたね。







しかし、下の画像を見ていた頃はVirtus 装備と共にA3も配備されるものとばかり思っていたのにL85(SA80)A3の配備は全然進んでいなくて・・・・
むしろ自分の知り合いの方が先に配備しております(;´・ω・)ナンダカナ・・・・





もっとL85(SA80)A3の画像が出てくれないとオイラのハンドガードが売れない・・・・・
(心の声です、無視してください・・・・・)












まぁ、それはさて置き最近は日英合同訓練が日本で行われていて、今日もどこかで訓練しているのかなぁ~、なんて動画をチェックしていましたが、ちょっと気になったのでご報告をします。


こちらの画像はたぶんイギリス本国での訓練の様子だと思います。



うーんやっぱり最新装備はカッコいいなぁ~



ちょっと画像が小さくて見にくいですが、黄色の丸の部分はグロックのホルスターを固定する部分ですかね、流行りの太ももではなく腰のベルトに取り付けられているようですね。(・_・D


背面から



あれ?



あれあれ?(゜-゜)
なんだかあれが無いような・・・・・・




やっぱり付いてない!









やっぱり装備されていませんね、Virtus 装備の要、DWD ( Dynamic Weight Distribution System)!


これです、この背骨みたいな奴ですね。

FD様画像をお借りしております。m(__)m


イギリス軍の皆様は訓練や演習になると少しでも邪魔な物は装備から外されるので、特に重量物となるバックパックも背負っていないからだとは思いますがサイドアームのグロックもホルスターごと外してあったりするのは徹底しているというか何と申しましょうか・・・・・・訓練時と実戦時でかなりの重量差が生まれたりするので大丈夫かなぁと、と要らぬ心配ですね・・・・(;^ω^)























最後に予告となります。
G&Gから新しく電子トリガー仕様のL85ETUシリーズが発売されていますが、ハンドガードは依然として旧型のプラのままです。
A2仕様のレイルハンドガードは社外品として出ておりますが、装着すると内部のスペースが狭すぎてバッテリーが入りません。
さらに当方制作のL85A3ハンドガードキットを組み込むとさらに狭くて入りません。
一応L85本体内部にバッテリーを入れていますが、かなりギュウギュウ詰めで壊れたりしないかちょっと心配になります。


そんなこんなでバッテリーを外に取り付けできないかな~と思い、こんな物考えました。












とりあえずテスト段階で3Dプリントしてみました、塗装もしていない状態ですが、何とかバッテリーを入れることができました。(かなり無理やりですが・・・)無理やり延長しているのでかなり不細工になっています、上部と側面にあるアジャストボルトを前よりにずらしたりしてもう少し調整しないといけません。
また、情報が確定していませんがG&GのL85ETUには11.1Vを使った方が良いという噂を聞いていますので、こちらで手持ちの11.1Vを入れられるように設計しております。トレポンのストックに入れていましたOPTION №1の900㎜㌂11.1Vです。

もう少し試作を繰り返して出来上がったらまたご報告させていただきます。

こんなの欲しがる人いるのかな(;^_^A


















同じカテゴリー(イギリス軍)の記事画像
ついに始まりました日英合同演習!
ありがとうございます10万PV到達させていただきました!
イギリス軍がL110(MINIMI)を手放す!
日英合同訓練続報
L85A3(SA80A3)
日英同盟復活
同じカテゴリー(イギリス軍)の記事
 ついに始まりました日英合同演習! (2018-10-07 10:46)
 ありがとうございます10万PV到達させていただきました! (2018-09-15 16:37)
 イギリス軍がL110(MINIMI)を手放す! (2018-03-29 01:11)
 日英合同訓練続報 (2018-03-21 21:09)
 L85A3(SA80A3) (2018-03-16 23:04)
 日英同盟復活 (2018-02-12 17:58)

Posted by 裸の男爵  at 17:25 │Comments(4)イギリス軍Virtus

この記事へのコメント
どうもどうも、日英合同訓練はどうにも気合いが入っていませんね。イギリスから派遣された方も精鋭からはほど遠いようで・・・・。装備も全く滑っていますなぁ。キャリハン付けているぐらいだから推して知るべしですね。

ところで、LLM Mk.3のバッテリーケース!良いじゃないですか~!!!
予約しときましょうかねぇ~。
Posted by Kafu'Kafu' at 2018年10月11日 21:53
Kafu`様コメントありがとうございます。

そうなんですよついさっきもFDさんと話していましたがあまり有名ではない、と言うか知らない部隊だったようですね。

まあ本当にすごい部隊が来ていたら秘密裏にするでしょうからここは今後に期待しましょう。


LLM MK3バッテリーケースは新型をDMMに発注済みなんですが、向こうの機械の不具合か何かでいまだに制作にかかってもらえていません。新しいのが出来ましたらまたお見せいたしますね(^_^)
Posted by 裸の男爵裸の男爵 at 2018年10月11日 23:22
DWD は軽装備ならば装備せず、ベルゲン等装備が増えた際に着けるといった使い分けをしてるのもしれませんね…戦闘車両搭乗員の写真がありましたがvirtusのアーマー部分にポーチ類はそれなりにぶら下げながらDWDは装備していない様子でした。
意外と人気無いのかしら…付けた時結構重さが分散して感激したんだけどなぁ…

それはさておきLLM Mk3のバッテリーケース!欲しいです!
少し前にお譲り頂いたL85A3に是非装備したい…!
進展ありましたらブログにて教えてください、時々覗いて見ます。
Posted by ほでなす at 2018年10月12日 07:42
ほでなす様コメントありがとうございます。

そうですよね、たぶんDWDは重量物を軽減する為の装備なので、もしかするとイギリス軍得意の伏せ撃ちだとボディアーマーが上に上げられて首に当たるのかなって思いました(^_^;)


LLM MK3バッテリーケースは設計ではほぼ終わっているのですが、DMM.makeがなかなか製造にかかってもらえていません。
少し前にもあったのですが機械の不具合みたいで(^_^;)
他の試作品も含めて後5~6個溜まっているので速く復旧してほしいですね。
Posted by 裸の男爵裸の男爵 at 2018年10月12日 09:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。