2018年03月29日

イギリス軍がL110(MINIMI)を手放す!

ちょっとびっくりなニュースです。(◎_◎;)






自分の大好きなL86A2を押しのけて採用されたイギリス軍のL110A2/A3(MINIMI)が今後装備から無くなってしまうそうです。


(写真はL110A2)

以下翻訳サイトで訳した文章の一部を掲載いたします。

『L110の真の最大有効範囲は250mであり、中間範囲の近似には完璧であるが、より長い範囲では精度が急速に低下する』

もっと詳しい内容はこちらでご確認ください。

どうやらイギリス軍では100発のベルトを付けたL110では重量が8.5㎏となり、兵士一人の負担が大きいと考えているようで、どうせ【真の最大有効射程が250m】ならばそれなら今後はグレネードランチャーを装備したL85A3でそれはカバーできるだろうとの事。






300~400mの制圧はL110よりも役に立つだろうとの考えのようです。(グレネードランチャーの最大有効射程は350m前後)
それ以上の射程になる場合は以前から採用され信頼性のあるL7GPMG
があてられる。






更に追加装備としてL129A1の配備数を増やす事も考えているようですが、入札はまだ始まっていないようです。




最近ではアメリカ海兵隊がMINIMIからH&KのM27に変更したように、イギリス軍でも中間距離で5.56㎜をばらまくより少しでも正確な射撃をした方が弾の節約にもなるし有効だと考えたのでしょう。
少し前には各国の軍隊がこぞってFN MINIMIまたは類似のLMGを採用したものですが、今やその流れも変わりつつあるのですね・・・・・・・・

中途半端に無駄弾撃つより少しでも正確に敵に有効弾を与え、さらに移動の際には兵士の負担とならないようアサルトライフルのような物が望ましいとこう言った感じなのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・ん?



待てよ・・・・・・・・・・・・




どっかでそんなアサルトライフルのような物見たことがあるぞ・・・・・・・・・




イギリスの奴で名前がたしか・・・・・・・・・・・・・・・・・






L86A2じゃねえか!!




しかしイギリス軍ではL86A2の復活は考えていないようです(´;ω;`)ウゥゥ
あんあに命中精度いい奴なのに、もったいない! ヽ(`Д´)ノ
新しいハンドガードとより軽量なバイポットでも装備させて再配備してくれれば良いのに!!









おまけ

ところで以前から何度も話題に出しているこちらのL86A2の写真。



真ん中のL86A2がバイポットとハンドガードを取り外してどこか知らないハンドガードに交換されて使用されている写真、このDanieldefenseでもないB&Tでもない奴。
いったいどこのハンドガードだろうと不思議に思っていましたが、ついに分かりましたそれは・・・・・



SUREFIRE(シュアファイヤ)製L85用ハンドガード



おどろきましたね~まさかSUREFIREがL85のハンドガードを作っていたなんて(◎_◎;)

  


Posted by 裸の男爵  at 01:11Comments(0)L86A2L85A2イギリス軍

2018年03月21日

日英合同訓練続報

前回の記事を書いた時にタイトルを間違って、次回書こうと思っていたネタを書いてしまいまして(;^_^A
すぐにタイトルを変更したのですがしばらく残っていました・・・・・

と言う訳で今回のネタは

日英合同訓練続報です。



色々調べまくっていた今回のネタですが、何の事は無い普通に駐日英国大使館のブログに載っておりました(;^_^
合同訓練の詳しい内容はこちらでご覧になれます。


駐日英国大使館のブログより
陸上自衛隊富士学校の偵察部隊隊員は、米国海兵隊、英国陸軍と共に「バンブレース・ウォーリアー」訓練を研修しました。英ウェールズで、持続的隠密監視部隊(SCS)によって構成された「バンブレース・ウォリアー」訓練では、近距離目標偵察訓練、遠隔射撃の終末誘導訓練などが行われました。

書かれていた一部をそのまま載せさせていただいております。m(__)m





しかし!

しかしですよ!

自分が驚いたのがイギリス軍の兵隊さんと一緒に写っている自衛隊員を見てください!

なんと!L85(SA80)を装備しているではありませんか!!

陸上自衛隊員がL85を装備しています!!!





他にも偵察行動中の写真や





無線で連絡をとっている写真が載ってありました。




そして今年、2018年には今度はイギリス軍が富士の陸上自衛隊の演習場で合同訓練を実施する事がすでに決まっております。



以前にも言いましたが、各ミリタリー雑誌様!

どうか!

どうか!日英合同訓練の総力取材をよろしくお願いいたします!m(__)m




















おまけ

というか宣伝です(;^ω^)


新しい小物を作りました。

また同じような物ばかりなのですが、

レプリカSpecter DR に東京マルイ マイクロプロサイトを載せる事ができるマウントベースです。






ヤフオクはこちらです。

以前にヤフオクの質問でお問い合わせいただいた物を制作しました。

レプリカのドクターサイトが壊れてしまった人や、何か違うドットサイトを載せてみたいと思った方にどうでしょうか?(;^_^
東京マルイ マイクロプロサイトの取付けネジの部分にはM3のインサートナットを使用していますので繰り返しの脱着にも対応しております。

他にもレプリカのRMRを載せる事の出来るマウントなども制作しております。

ヤフオク一覧はこちら

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
  


Posted by 裸の男爵  at 21:09Comments(2)自衛隊イギリス軍

2018年03月16日

L85A3(SA80A3)

3月ってなぜこんなに忙しいのでしょうか(。´・ω・)?

一か月以上放置したのは初めてでございます(T_T)


自分がブログの更新をさぼっている間に大先輩のKafu'様、Foxtrot-Delta様がイギリス軍新装備VIRTUSや新型レーザーサイトLLM03のとてもマニアックなコラボレーションをされているのを楽しく拝見していました(;^_^A

その間に世間ではどうやら最新のL85A3(SA80A3)の画像が公開されたようです。
こちらから確認できます。


最初に配備される部隊はGrenadier Guards(グレナディアガーズ)という部隊だそうです。



このパッチは闘牛でしょうか?初めて見ました。

以前に3Dプリンターを使ってL85A3を制作した自分にとって今回の写真では新発見がありました!

(これは自分で制作したL85A3です。)(;^_^A



それは新型ハンドガードの断面です




自分で制作したハンドガードは公開されている画像から出来るだけの想像力で作った物なので、新しい画像が公開される度に新発見があります。

(自分で作った方のハンドガードです。)



実は写真の以前に3Dプリンターで作ったL85A3は一度取り外してある方のもとへ旅立っていきました。
(T_T)いままでありがとう。

というのも、以前から公開されていたL85A3の画像をずっと見ていると、新型レールの下側先端部分の形状が若干違うように見えてしまい少しの修正を加えて新調しようと思ったのです。


最近ちょっと3Dプリンターの調子が悪くて、なんとかメンテナンスも終わって、やっとハンドガードが新調されたばかりなのに・・・・・・・・
こんな最新画像をみてしまうとやっぱり・・・・・・・・・・・・



修正したくなるじゃないですか!!


L85A3のハンドガードが余ってしまうな(・_・;)どうしたものか・・・・・・・・・・・






おまけ


おまけというか以前にLLM MK3を作った時に仕入れた3Dプリンター用のゴムフィラメントが余っていたので、お遊びでこんな物作ってみました(;^_^




L85のスコープがSUSATからトリジコンに変わり始めの頃によく見た
アイカップ


(実物の写真です。)

一時本当に欲しかったのですが、ミリフォトにも登場しなくなり忘れてしまっていたのですがふと思い出して作ってみました。
(;^ω^)



しかしゴムフィラメントは調整が難しく不安定でなかなか綺麗に出来上がってくれません。



内側はもっとひどくて糸引きまくりでとても製品にはできない状態です。
温度の調整や印刷スピードで何とかなるかなぁ・・・・・





  


Posted by 裸の男爵  at 23:04Comments(3)イギリス軍L85A3

2018年02月12日

日英同盟復活


(写真は全てネットで拾ってきたものです、問題があれば削除いたします。)


スマホで過去のニュースを読んでいたら以下のような事が書かれていました。

今なぜ日英同盟復活なのかと言う記事です。



以下記事より


2017年12月にロンドンで開催された日英の外務・防衛担当閣僚会議にて日英両国はインド太平洋地域の安定のため、英国が近く配備する予定の最新型空母をこの地域に展開させることや、北朝鮮の脅威に対して協調して対処すること自衛隊と英軍との共同演習を定例化し、部隊間の交流を深めていくこと、さらに、将来型の戦闘機の共同研究を進めることなど23項目について合意した。


詳しい内容に関しては政治的な事なので全く分かりませんが、自分としては気になったのは以下の3点。

【最新型空母をこの地域に展開】
【北朝鮮の脅威に対して協調して対処すること】
【自衛隊と英軍との共同演習】


【最新型空母をこの地域に展開】

これはもしかしてあの有名になった空母クイーンエリザベスの事ですね。

(クイーンエリザベス 空母と検索して拾った画像です、間違っていたらごめんなさい。)
自分は空母に関しては全く知識が無いので詳しい事はこちらの記事にかいてあります。ご覧ください。


【北朝鮮の脅威に対して協調して対処すること】




これも以前にテレビのニュースなどで聞いた事があったのですが、なぜイギリスがこんな離れたアジアの問題でわざわざ日本の味方になってくれるような発言になったのか、なんだか不思議でしたが外務省や安倍首相の努力なんだろうとその時は思っていました。
しかし単にそれだけではなく、両国間の立場がパートナーから同盟国へと進展させているためだという事が分かったので、より一層納得のが出来ました。





しかし、しかしですよ!自分がなにより気になった記事がこれです。
【自衛隊と英軍との共同演習】


今までにもイギリス軍との共同演習はあったと思います。その殆どが海外で多国間の演習に参加してそこに自衛隊やイギリス軍が共に行動した。程度の内容だったはず・・・・・・・・
最近公式にもアメリカ軍と大規模な演習をしたり自衛隊員がアメリカに派遣されたりばかりを見ていたので、よもや我が国とイギリスがこんなに急接近しているとは想像もしていませんでしたΣ(・□・;)
まあただ単に勉強不足と言われればそれだけなのですが(;^ω^)





しかし最初に紹介した記事には以下のような内容が書かれていました。

〇15年2月、横須賀の海上自衛隊自衛艦隊司令部に英海軍から連絡将校が派遣され、常駐するようになった。
〇ソマリア沖で、海賊対策の任務に当たっている多国籍の海軍部隊、第151統合任務部隊(CTF−151)の司令官に海上自衛隊の海将補が着任するときは、慣例のように英海軍から補佐役として参謀長が派遣されるようになった。
〇16年10月、英空軍の戦闘機、ユーロファイターの部隊が日本の三沢基地に飛来し、航空自衛隊と共同訓練を行った。
〇同じ時期、陸上自衛隊富士学校のレンジャーが英国のウェールズの基地で、英陸軍や米海兵隊の部隊といっしょに偵察活動の共同訓練を実施した。
〇17年5月には、陸上自衛隊、英陸軍、米海兵隊、それにフランス海軍が参加した日米英仏の共同演習も初めて実施された。多国籍の演習ではあったが主導しているのは日英であった。


もう関係はベッタベタですがな。

さらにさらに!

18年、英国陸軍の部隊が日本の富士山麓の自衛隊演習場に派遣され、陸上自衛隊との初めての共同演習を行うことや、海上自衛隊と英海軍の対潜水艦共同演習も予定されている。



なっなんですと!!
英国陸軍の部隊が日本の富士山麓の自衛隊演習場に派遣され、陸上自衛隊との初めての共同演習を行う

いったい英国陸軍の部隊とはどこのどの部隊なのですか!?
富士山麓の自衛隊演習場に派遣って!!

という事はですよ!イギリス陸軍の方々が日本に来られて演習されるのですよね!!そうなるともちろん持ってこられるのですよね!

L85A2(SA80A2)を!!!


本当はL85A3と言いたいところですが・・・・






実際には素人の自分が実際のイギリス軍の方々を見る事はできないでしょうが・・・・・


日本の各ミリタリー雑誌様!なにとぞ陸自と英陸軍の演習を総力取材をお願いいたします!
m(__)m




紅茶を準備しといた方が良いのかな・・・・・(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)アセアセ

  


Posted by 裸の男爵  at 17:58Comments(7)自衛隊イギリス軍

2018年02月01日

Laser Light Module Mk 3 完成!!



やっと完成いたしました、イギリス軍最新レーザー照準器

Laser Light Module Mk 3!!

Foxtrot-Deltaのご厚意により、年末からずっとお借りして採寸作業と試作を繰り返しようやく完成いたしました!( ´∀` )


もうずっと寝不足です!


四の五の言っていても皆様には興味の無い話だと思いますので、LLM MK3の説明いたします。



先ずはお借りしたLLM MK3です。




これをとにかく採寸しまくり、図面を書いては修正してを繰り返し・・・・・・・
途中でこんなん無理ちゃうかと諦めかけて・・・・・
それでも何とか頑張って出来上がった図面がこちらです!!o(〃>ω<)o




しかしただ採寸して形を作っただけではお借りしたFoxtrot-Delta様に申し訳がない!(勝手な思い込み・・・・)
本物はレーザーライトモジュール・・・・・・・
もしかすると自分の作った物を使って中にレーザーやライトを仕込もうとする猛者が現れるかもしれない・・・・・(自分はやりませんが・・・・・)
そんな時に各パーツが分解できる状態なら加工もやりやすいだろう・・・・・・・(自分にはできませんが・・・・・・)





分解図面カモーンヌ!!



完全分解図面―――――!!!


バカですね、ここまでやるってただのバカですね!
自己満足でしかないのは分かっているのですよ!

しかしですね、でもですね、そのおかげで

自己満足度200%越えでございます!!!!!




そして3Dプリンターで出力しては修正して、出力しては修正してを繰り返し、ついに完成したのがこちらです!






そして分解!



もちろん裏側もネジを外せば分解できます。



一応これだけのスペースが確保されています。
ちなみにライトの電池スペースの部分にはフラッシュライトでよく使われている123Aが入ります
(`・ω・´)キラーン



そして先日の記事でお伝えしたようにイギリス軍で採用したのが3つ穴タイプと、ドイツやその他で採用されているであろう4つ穴タイプの両方を作っています。



そしてお借りしていたLLM MK3の方にはレールシステムに取付ける為のマウントが付いておらず、持ち主のFoxtrot-Delta様も他のレプリカLLMのマウントを取り外してレールに固定していらっしゃるそうです。

どうせならそのマウントも作ってしまおうと考えて実物がどうなっているのか調べてみました。


(実物の写真です。)
どうやらレバータイプのマウントが付いているようですが、どうしても細部までは確認できません
(-ω-;)ナンダカナァ
とりあえずレールシステムに取付けできればいいだろうと思いオリジナルで作ってみました。
(;^_^Aトリアエズデスガ



簡単な物ですが、一応専用設計ですのでガタつく事はないと思います。
また、マウントの取付け部分とサイドから挟み込むネジの部分にはインサートネジを入れていますので、繰り返しの取外・取付でもネジが舐めてしまうのを防いでいます。



また細かい話ですが、お借りしたLLM MK3のライト部分に透明のアクリル?プレートとLEDのような物が仕込まれていましたので
こちらも同じようにアクリルプレートを切り取った物とLED球を買ってきて入れています。



そしてさらにさらに今回の超目玉と言いますか、これもやはり自己満足でしかないのですが

LLM MK3にはレーザー本体とライトの後部にプッシュ式のスイッチがあります。
お借りしたLLM MK3の方は完全な飾りのため硬いモールドになっていました。

しかし何度も採寸作業をしていると気が付いたんです・・・・・・
無意識でそのプッシュ式スイッチを押している自分に!!( ̄◇ ̄;)

お・・・・・押したい・・・・・

押したい・・・・・・

そのスイッチ押したーい!!

ゴムで作ればいいじゃん!


3Dプリンターでゴムの素材が売っていたのを思い出して早速仕入れて作ってみました(通常の2.5倍ほどのコストが・・・・・)

で、出来ました!



写真はライトの部分だけですが、もちろんレーザーのプッシュスイッチもゴムで制作しております。ちょっと形がイビツですが・・・(;^_^A

これで LLM MK3最強の全く機能しないモックアップが完成したと思います。ヾ(≧∇≦*)/やったー


LLM MK3を貸していただいたFoxtrot-Delta
そちらに一つ送りましたので可愛がってやってください。(;∇;)ヨロシクオネガイシマス




ヤフオクに出品中の物はこちら


それでは皆様よろしくお願いいたしますm(__)m
  


Posted by 裸の男爵  at 23:46Comments(2)LLM