2018年01月25日

イギリス軍  Laser Light Module Mk 3



イギリス軍が新しく採用している 
Laser Light Module Mk 3


3Dプリンターで制作するために図面を制作しながら、同時に実物の写真などを確認していました。


LLM MK3で検索して出てきた写真を見ていきたいと思います。










イギリス軍で採用されているのはTANカラー?の物になります。
しかしこの写真はどうやらモックアップの様です。
なぜなら他の実物のL85に装着している写真を見てみるとレーザー本体の後ろにある指で直接押すタイプのスイッチ部分の色が違います。
(TANではなく黒色です、ゴムだから?)




まあ普段見ているだけでは気にもしない部分なのですが、制作するとなるとどうしても細かい部分が気になってしまいますね(;^_^A




さらにこのLLM MK3はイギリス軍と一部のドイツ軍でも採用されているのですが、イギリス軍はTAN色ですがドイツは黒色を採用しているようです。



写真の物はライトの部分が高出力のタイプなのかLEDの部分が大きくなっていますね。


そして今回ビックリしたというかおどろいたのが、
レーザーの穴が4つの物と3つの物があるという事です!






気になったので色々画像など探ってみたのですが、どうやらイギリス軍が採用したのは3つ穴のようです。



他の写真で確認しても3つ穴なので間違いなさそうですね。








詳しく調べていないので何とも言えないのですが、素人の自分が想像できるのはIRライト・IRレーザー・可視レーザーで穴が3つなのは理解できたのですが4つ目の穴はいったい何なのか分かりません(。´・ω・)?
何かあるのでしょうね、自分には何かは分かりませんが(;^_^A


とりあえずFoxtrot-Delta様よりお預かりしておりますLLM MK3を採寸しながら図面を作っていましたので、すでにレーザーの穴を4つで制作しておりました、イギリス軍は3つ穴だという事を後で気づきましたので両方とも制作しました。




これでイギリス軍・ドイツ軍両方に対応できますね(;^_^A


図面もかなり気合を入れて制作しておりまして、パーツとして分割できるところは可能な限り別パーツとして制作しているためかなりの時間がかかっております。ずっと借りっぱなしになっているのに気前よく許してくださるFoxtrot-Delta様誠にありがとうございます!!m(__)m


次回には図面をご紹介できると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m









おまけの画像


こんかいのLLM MK3を検索しているとこんなのが出てきました。









ちょうどレーザー本体とライトの間の凹んだ部分を利用してドットサイトのマウントが作られているようですね。
図面を制作しながら思ったのですが、フロントサイトがあるM4のTOPレールにのせるとレーザーかライトの部分の邪魔にならないのか心配しました。(;^_^A







  


Posted by 裸の男爵  at 14:45Comments(2)LLM

2018年01月19日

イギリス軍のレーザーライトモデュールLLM

実は去年の年末からある物の制作にかかりっきりになり、寝不足MAXの為ブログを全く更新できていませんでした。





なので今頃初日の出の写真なんぞ載せてみたりして・・・・・(;^_^
(実際に家族と行った今年の初日の出です!)



実は年末の事ですが、以前にSpecter OS4制作の時にそのOS4に張り付けると通常の3倍はカッコよくなるという

データマトリックスコード

を制作していただきました、イギリス軍紳士の大先輩であるFoxtrot-Deita様が、イギリス軍の最新レーザーライトモデュールLLM MK3を入手したとブログで紹介されていました。ブログはこちら

それはドイツ軍マニアの方が3Dプリンターで制作された物だそうでかなり正確に再現された物でした。



それを見た私が、情けない事に
『いいなぁ~うらやましいなぁ~(´・ω・`)』
とコメント欄に入れたところ・・・・・・・



なんとFoxtrot-Deita様から
『よかったら寸法取りにお貸ししましょうか?』



えっ?


い・・・・・・・今なんと申されました!?


この様な貴重な品をただのド素人の私めに貸していただけるなんて!!



あなたは・・・・・・・・・なんて良い方なんだ!!




前回のデータマトリックスコードと良い、なんと気前の良い方!感謝の言葉もございません!!
ヽ(≧▽≦)ノアリガトウゴザイマス!!





それでは、さっそく送っていただきました、3Dプリンター製 LLM MK3がこちらです!!









3Dプリンター製ですのでスイッチ類は動きませんし、もちろんライトも点灯しません、完全なるモックアップです。
しかし、きっちりと色を塗り分けてあり、さらにライトの部分には透明のレンズとその奥にはLEDと思われるパーツがちゃんと仕込まれています。
雰囲気抜群に仕上げてあります。((((o゚▽゚)o)))ワクワク






透明のレンズにLED?の部品まで見えます。



このLLM MK3を年末から一生懸命ノギスで測って図面にしておりました(;^_^A


しかし、お預かりさせていただきましたこのLLM MK3ですが、実物ではスイッチの配線が入る部分が埋めてあったり、




レールに取付ける為のマウントが無かったりします。



エレメントやVFCなどから出ているレプリカのLLM01のマウントを使えば取付け出来るようですが、マウントの穴位置が違うため、一か所だけで止めているそうです。




しかし、細部の再現は実物の写真と見比べてみても、よくぞここまで再現されていると感心してしまいます。






いつまでも関心しているだけではだめなので、年末から年始そしてつい最近まで図面と格闘してやっと図面が完成しました!


こんな感じです!





あとはこの図面を使って3Dプリンター作ってから現物の確認をしていこうかと思っています。(;^_^
頼んだぞ俺の相棒JGAURORA A3




  


Posted by 裸の男爵  at 23:26Comments(0)LLM

2017年12月20日

KJWORKS P-09用ストレートバックストラップを出品いたしました。




前回お伝えしておりましたKJWORKSのP-09用ストレートバックストラップをヤフオクに出品させていただきました。







最初の設計ではグロックGen4の様な滑り止めを下から4/3ほどの位置までにしていたのですが、実際握ってみるとバックストラップの上まで滑り止めがあった方が良い事がわかったので、上から下までに変更いたしました。



写真が下手ですね(;^_^A








細くなったおかげで手のひらをしっかり巻き込めるようになりました、またグロックGen4タイプの滑り止め良く効果を発揮してくれていますので安定感が抜群になりました。(⌒∇⌒)



こちらのKJWORKS P-09 用バックストラップをヤフオクに出品しております。 ヤフオクはこちら


その他も出品しておりますので宜しければご覧ください。その他のヤフオクはこちら





最後にやっぱり残った試作達と記念撮影。


  


Posted by 裸の男爵  at 00:33Comments(0)CZ P-09

2017年12月15日

KJWORKS CZ P-09 ストレートバックストラップ




最近は3Dプリンターに憑りつかれた感じの裸の男爵でございます。(⌒∇⌒)


KJWORKSのCZ P-09は出始めの頃に一度購入したのですが、しばらくしてど~うしても気に入らない部分があったので売ってしまった事があります。





しかし今回、せっかく3Dプリンターを購入したので、このCZ P-09のど~しても気に入らない部分を、どうにかしてやろうと思い,
もう一度手に入れてみました。


ではそのど~しても気に入らなかった部分はどこかと申しますとそれは・・・・・・・
バックストラップの形状
なのです。





KJWORKSのCZ P-09の問題点としてよく聞くのがHOPシステム





ですがこれに関しては他の方のブログやGUN紙などでもチューニング方法が載っていましたのでそれを参考にすればいいのですが、バックストラップの形状だけはどうする事も出来ませんでした。

このCZ P-09は実銃が交換式のバックストラップが数枚あるはずなのに、KJWORKSのCZ P-09には本体に一つしか無いではありませんか。
手の大きさの問題もあるでしょうが、なぜか自分の手でグリップするとズルズルと内側に回転するようにズレていきます。




矢印の方向に滑ってしまうのです、これはバックストラップの形状と滑り止めの部分が自分の手には合わない位置にあるのでどうしてもそうなってしまいます。
そのうちバックストラップも発売されるだろうと思っていましたが、いっこうにその気配がありません。

と言う訳で今回これを何とかしようと考えました。

バックストラップのふくらみが邪魔なのでいっその事、出来るだけふくらみを無くしてストレートな形状にしてしまおうと思って設計しました。



いくら現物が手元にあるとはいえ、ノギスだけで曲面のあるパーツを測定するのは難しいです
(´;ω;`)ウゥゥ
何度も図面を作ってはずれている箇所を修正しては作っての繰り返しです。やっぱり大量の試作品が転がってしまいました
(;^ω^)

ストレートなバックストラップにしましたが、表面がつんつるてんでは寂しいので、何か滑り止めでも入れようかと考えていたらふとグロックのGen4のいグリップが・・・・とりあえずこれの滑り止めをまねしようって事で図面に書いてみました。


そして出来上がったバックストラップがこれです。



手前の物が今回作ったストレートバックストラップです。画像が荒くて滑り止めの形状が分かりませんね・・・・・・・すいません・・・



もう少し見えやすい写真です。





本来付属しているバックストラップです。





ストレートバックストラップ装着です。




ストレートになった分、背面の滑り止めにしっかりと手のひらに食い込んでくれるのでなかなかいい感じにできました。
(⌒∇⌒)








例のごとくヤフオクに出品しようと企んでいますが、仕事が忙しいので出品できるのはもう少し先になるかもしれません(;^_^A
(だれかかってくれるのか?)



また出品が完了しましたらブログでお伝えいたしますm(__)m















以下ヤフオクに出品中の商品です。


SHIELD ドットサイトカバー&ロングフード




グロック用マガジンぷれーとミートハンマータイプ




ELCAN Specter DR 用トリジコンRMRマウントウィングガード付き


その他出品していきますのでよろしくお願いいたします。m(__)m



  


Posted by 裸の男爵  at 20:14Comments(2)CZ P-09

2017年12月09日

実物SHIELD CQBドットサイトとアップデート

今回の話題は、そうあのイギリス軍マニアなら喉から手が出るほど欲しい!(であろう)
SHIELD ドットサイトについてお伝えいたします!
ワーイε=ヾ(*・∀・)/














現用イギリス軍の正式小銃 L85A2
これに搭載されている光学機器と言えばっ!


ELCAN Specter OS4

SHIELD ドットサイトです!!


しかし!如何せんアメリカ軍のような人気のないイギリス軍装備はレプリカで作ってくれるところも少なく、レプリカを作ってくれるメーカーなどほとんどいません。

そうなると、どうしても欲しい物は自分で作るしか方法が無いので、ブログの大先輩のKafu'様の様に御自身で制作しなければなりません。

私自身もSpecter OS4やレプリカのドクターサイトに被せるSHIELD RDSカバーなる物を3Dプリンターで作ってヤフオクで出品したりしていました。
それをご覧になった方から『実物のSHIELD ドットサイトがあるのですが、肝心のマウントベースが無いので困っております、何とかマウントベースを制作してもらえないか?』とのご連絡が・・・・・・・・・・・・







∑(゚◇゚///)ドキュ→ン







まさか!




この様な依頼をいただけるとは夢にも思っていませんでした!!





そりゃぁもう嬉しいのなんのって!






心はもう『ハイッ!喜んで!!』って感じでお受けさせていただきました。



この時、実物のSHIELD ドットサイトを送っていただき採寸させていただくという幸運に恵まれました。
しかも持ち主の方に了解をいただき当方すでに作ってヤフオクで売っていた物を実物サイズにグレードアップさせていただく許可までいただきました!!本当にありがとうございますm(__)m



それでは早速実物SHIELD ドットサイトを見ていきましょう。(⌒∇⌒)!


こんな感じでプラスチックのケースにクッションが入っていました。








やはり実物はかっこいいですね(´ω`*)





左側にはSHIELD CQBの文字が彫られています。(写真は番号をけしてあります。)







かっこいい~(*´-`*)



ちなみに裏面はこんな感じです。













ここで一つ気づいた点があります。
それは俗に言う【水抜きの穴】

ネットなどで写真を見ているだけではドットサイトの側面にただの穴が開いているだけだと思っていたのですが、実は真横ではなく、
斜め下に向かって開口してある事を発見いたしました。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、このように外側に向かって斜め下に開口していました。




よくは分かりませんが、より水はけが良いようにしてあるのでしょうか?





とにかく!せっかく貸していただいた実物のSHIELD CQBを細かくチェックさせていただき出来る限りフィードバックさせていただいた物がこちらです!
















せっかくなのでSHIELD CQBの文字もいれさせていただきました。

これで悲願の実物サイズのSHIELD CQBドットサイトカバーが出来上がりました~!!
o(〃>ω<)oオメデェエェェトオォォオオォォ!!!!! オレ!!!!!



従来の物からの変更点ですが、以前の制作した物自体がある程度の実物寸法を大先輩のKafu'様の情報で知っていたのでほんの少しの変更で実物サイズにできました。さすがはKafu'様!いつも勉強させていただいております!!




こちらのグレードアップした奴は後ほどヤフオクに出品いたしますのでもう少々お待ちください。
m(__)m











ヤフオクに出品させていただきました(⌒∇⌒)


SHIELD RDSドットサイトカバーはこちら




他にも

グロック用 マガジンプレート ミートハンマータイプはこちら




ELCAN Specter DR 用 トリジコン RMR ドットサイトマウントはこちら



ELCAN Specter DR 用 トリジコン RMR ドットサイトマウント (ウィングガード付き)はこちら




なにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m




  


Posted by 裸の男爵  at 01:10Comments(2)SHIELD RDS カバー