2016年11月30日

G&G L86A2化計画 スタートします。

この企画も立ち上げてからずいぶんと時間が経ってしまっています。(; ̄ー ̄A

少しですが進捗状況を説明いたします。



ICS L86A2のパーツを確認します。その2の中でフレーム下部に取り付けるフォアグリップとバットプレートが、そのままの状態では取り付け出来ないことを説明していましたので、それらをどうやって取り付けるかのご説明をします。


先ずはバットプレート


実物の方が幅が狭いために加工しないと取り付けできません。
出来るだけ実物のパーツには傷をつけたくない・・・・・・・・
しかしG&GのL85A2は内部にメカBOXが詰まっているので幅を狭くすることは出来ない・・・・・・・・・

うーん・・・・・・・ (;¬д¬)ドウスルカ・・・・・・


実物パーツ加工しちゃえ!



この出っ張り邪魔、カット!



はいすっきり!





さらに内側の狭い部分をデザインナイフを使ってカット・カット・カット!!


(雑な切り方・・・・・)




思い切ってやってみれば案外気持ちの良いものですね。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ




さらに!G&Gのスイベルリングは実物のバットプレートを取り付けようとすると、少し分厚いので問題ないぐらいまでひたすら削る・削る!



よし!これでバットプレートは大丈夫!

次はフォアグリップ

ICSのL86ではグリップ側にナットがあって、それをフレーム側からビスで固定しています。

しかーし!メカBOXがぎっちり詰まっているG&GのL85A2には内側からビスを入れるだけのスペースがありません。

どうした物かと考えていましたが、ふと少し前に書いたL85シリーズのボルトキャッチについての実物パーツ写真を見て見ると、なんと、後ろのフォアグリップはフレーム側から突き出たナットにはめ込んで下からビスで固定しているではありませんか!




この方法だと内部のメカBOXに干渉しないのでこの方法で固定します!





よーしやるぞー












・・・・・・・・・・・・・・・・・どうやって?

・・・・・・・・・・・・・( ̄_ ̄;・・・・・・・・・・・





同じカテゴリー(L86A2)の記事画像
L129A1シャープシューターとL86A2の話。
G&G L86A2化計画 その7 完成しました。
G&G L86A2化計画 その6
西側装備祭2ndに参加させていただきました。
G&G L86A2化計画 その5
G&G L86A2化計画 その4
同じカテゴリー(L86A2)の記事
 L129A1シャープシューターとL86A2の話。 (2017-02-09 04:02)
 G&G L86A2化計画 その7 完成しました。 (2017-02-07 02:02)
 G&G L86A2化計画 その6 (2017-01-28 02:11)
 西側装備祭2ndに参加させていただきました。 (2017-01-22 06:29)
 G&G L86A2化計画 その5 (2016-12-17 04:41)
 G&G L86A2化計画 その4 (2016-12-14 04:31)

Posted by 裸の男爵  at 04:51 │Comments(4)L86A2

この記事へのコメント
フレームに穴開けし、溶接ナットかブラインドナットを貫通させて固定~とかでしょうか
Posted by brickas at 2016年11月30日 09:55
brickas様コメントありがとうございます(^-^)

やっぱりそうですよねぇσ(^_^;
溶接しか方法が無いと思います。

しかし素人の自分は溶接機を持っていないのでσ(^_^;
他の方法にするか、他人にお願いするか考えています( ̄∇ ̄)
Posted by 裸の男爵裸の男爵 at 2016年11月30日 14:57
海老のローレットナットでイケないですかね
ローレット部分の外径きつきつの穴を開けてフレームに食わせる~みたいな
後はウエルドでがっちり固定・・・こんな感じでやっつけ
i.imgur.com/25gVVrc.jpg
Posted by brickas at 2016年11月30日 17:27
ローレットナットなんて便利な物があったんですね、早速調べました(^_^)

ちょっと頑張って試して見ます。

ありがとうございます(^-^)
Posted by 裸の男爵裸の男爵 at 2016年11月30日 22:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。