2018年06月05日

DMMの新素材でL85A3(SA80A3)のハンドガードを作ってみました。



ナイロン以外でそれほど金額も上がらない素材がありましたので、試験的に作ってみました。
グレー色した物が新素材のMFJです。



【マルチジェットフュージョン方式という新方式になります。製造物に異方性が出ない為、実用に耐えられる強度 を出す事が出来ます。】
・・・ということらしいのです。よくわかっていませんが、この実用に耐えられる強度 を出す事が出来ますに惹かれて作りました。

ナイロンでも厚みを3.5㎜としていますので、ゲームで使用してもバイポットグリップを取付けても全く問題のないほどの強度が出ていますが、表面の感触と言いますか、やはり優しい感じがするのです。

この新素材MFJを使えば少しは硬質感が出ると嬉しいのですがどうでしょう?(;^_^A

結果から申しますとナイロンと比べれば確かに少しだけ硬質な感じはします、個人的な意見ですが(;^ω^)









強度的な部分はナイロン以上の感じはします、しかしこの素材一つ問題がありまして、それは収縮が強い傾向にあることです。

以下白い方がナイロン、グレーの方がMFJです。





ナイロンで作った物はほぼ寸法通りにできていますが、新素材のMFJでは全方向に対して収縮が起こっていますので外形も内径もスカスカになってしまいます(´;ω;`)
まぁすかすかとはいってもアルミテープを貼る程度で対処できる範囲ではあるのですが、せっかくミリ単位で設計したのに出来上がってきた時にこれではがっかりしてしまいますね(;´∀`)

しかし多少の収縮は関係のない!実用性強度があれば何も問題ない!という方からすればどうでもいい話なのであまりきになさらずに・・・・


現在DMMで発注できるL85A3(SA80A3)ハンドガードはナイロンとMFJの2種類で注文できるようになっていますが、寸法的にこれだけ問題があるので、今後ナイロンでにみ注文できるように変更いたします。m(__)m






さて、試験的とはいえせっかく発注したMFJハンドガードですが、このままお蔵入りしてしまうのはあまりにもかわいそうなので・・・・・

本体に組み込んだ状態にしてヤフオクに出品いたします!





ただし!ご注意ください!


この本体に使っているG&G L85はハンドガードの組込みテスト用に、ジャンク品として出品されていた物を使用しています!以下の注意点をよく確認してください!!


本体はL85A1!
チャージングハンドルはG&GからA2用の物を取り寄せてとりつけたのですが、マガジンキャッチの部分がガードが付いていません!


マガジンキャッチにガードがありません。


チャージングハンドルはA2用です。


その他メカBOXの調子が良くありません
本当は調整してから出品したかったのですが、そんな時間がまるでありません、申し訳ありません。


ハンドガードの矢印の部分に一部成型不良があったので修正していますが、へたくそなので若干目立つと思います。


またグリップの部分に傷が目立ちます。



ハンドガードの取付けにはガタが出ないように調整しております。







以上の感じでヤフオクに出品いたしますのでよろしくお願いいたします。m(__)m



先ほどヤフオクに出品いたしましたのでよろしくお願いいたします。
ヤフオクはこちらです。


  


Posted by 裸の男爵  at 19:10Comments(2)L85A3

2018年06月03日

L85A3(SA80A3)のハンドガードの塗装




前回のL85A3(SA80A3)DMMで販売します。という記事を書きました。
これで最新型のL85A3(SA80A3)の形だけは再現できるようになりましたが、肝心の塗装について説明していませんでした。

実はこの塗装が一番困難でして・・・


いまだにこれと言った色が出せないでいます。(´;ω;`)ウゥゥ

このA3ハンドガードキットが完成した当初からブログの大先輩 Kafu'さまとも意見のやり取りをさせていただき、Kafu'さまなりの視点でL85A3を完成されました。

このやりとりの中でハンドガードの色は自分的にはブラウン系だと思っていたのですが、オリーブドラブ系じゃない?という貴重な意見をいただきました!
(◎_◎;)なるほど!



確かにブラウン系でいくら調整しても出なかったので、さらに調べる事にしました。


このL85A3の改修作業をしたのはHeckler & Koch

最近のHK416A5やHK417などではTANカラーの物が多く、どうやらハンドガードの色はそれぞれ同じような感じに見えます。


ヘッケラー&コックのサイトを調べてみると、どうやらこのカラーは
RAL 8000 Green brown!

Heckler & Kochではこれを指定色にしているようです。

なるほどグリーンブラウン!
だから見ている画像によってはブラウンが強かったり、グリーンが強かったりしていたのですね!どちらの色も入っているのですから当然ですね!!

更に調合具合を調べていたらこんなところがHITしました

くわしくはこちらグリーンブラウン



この実物の画像を見るとやはりブラウンに見えますが、上の画像と見比べて見るとやはりグリーン系にも見えます。


以前に制作したフォックストロットデルタ様のARES L85A3ではこの情報が間に合わずに独自の調合で塗ってしまいました。(;´Д`)シマッタ・・・・


さらに調べていると、何とこのグリーンブラウンが売っているではありませんか!


早速仕入れてみましたので後日報告いたしますね。
これで色を調合しなくてすめばらくなのですが・・・・・・どうなるのでしょうか(;^ω^)


  


Posted by 裸の男爵  at 15:46Comments(2)L85A3