2018年01月25日

イギリス軍  Laser Light Module Mk 3



イギリス軍が新しく採用している 
Laser Light Module Mk 3


3Dプリンターで制作するために図面を制作しながら、同時に実物の写真などを確認していました。


LLM MK3で検索して出てきた写真を見ていきたいと思います。










イギリス軍で採用されているのはTANカラー?の物になります。
しかしこの写真はどうやらモックアップの様です。
なぜなら他の実物のL85に装着している写真を見てみるとレーザー本体の後ろにある指で直接押すタイプのスイッチ部分の色が違います。
(TANではなく黒色です、ゴムだから?)




まあ普段見ているだけでは気にもしない部分なのですが、制作するとなるとどうしても細かい部分が気になってしまいますね(;^_^A




さらにこのLLM MK3はイギリス軍と一部のドイツ軍でも採用されているのですが、イギリス軍はTAN色ですがドイツは黒色を採用しているようです。



写真の物はライトの部分が高出力のタイプなのかLEDの部分が大きくなっていますね。


そして今回ビックリしたというかおどろいたのが、
レーザーの穴が4つの物と3つの物があるという事です!






気になったので色々画像など探ってみたのですが、どうやらイギリス軍が採用したのは3つ穴のようです。



他の写真で確認しても3つ穴なので間違いなさそうですね。








詳しく調べていないので何とも言えないのですが、素人の自分が想像できるのはIRライト・IRレーザー・可視レーザーで穴が3つなのは理解できたのですが4つ目の穴はいったい何なのか分かりません(。´・ω・)?
何かあるのでしょうね、自分には何かは分かりませんが(;^_^A


とりあえずFoxtrot-Delta様よりお預かりしておりますLLM MK3を採寸しながら図面を作っていましたので、すでにレーザーの穴を4つで制作しておりました、イギリス軍は3つ穴だという事を後で気づきましたので両方とも制作しました。




これでイギリス軍・ドイツ軍両方に対応できますね(;^_^A


図面もかなり気合を入れて制作しておりまして、パーツとして分割できるところは可能な限り別パーツとして制作しているためかなりの時間がかかっております。ずっと借りっぱなしになっているのに気前よく許してくださるFoxtrot-Delta様誠にありがとうございます!!m(__)m


次回には図面をご紹介できると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m









おまけの画像


こんかいのLLM MK3を検索しているとこんなのが出てきました。









ちょうどレーザー本体とライトの間の凹んだ部分を利用してドットサイトのマウントが作られているようですね。
図面を制作しながら思ったのですが、フロントサイトがあるM4のTOPレールにのせるとレーザーかライトの部分の邪魔にならないのか心配しました。(;^_^A







  


Posted by 裸の男爵  at 14:45Comments(2)LLM

2018年01月19日

イギリス軍のレーザーライトモデュールLLM

実は去年の年末からある物の制作にかかりっきりになり、寝不足MAXの為ブログを全く更新できていませんでした。





なので今頃初日の出の写真なんぞ載せてみたりして・・・・・(;^_^
(実際に家族と行った今年の初日の出です!)



実は年末の事ですが、以前にSpecter OS4制作の時にそのOS4に張り付けると通常の3倍はカッコよくなるという

データマトリックスコード

を制作していただきました、イギリス軍紳士の大先輩であるFoxtrot-Deita様が、イギリス軍の最新レーザーライトモデュールLLM MK3を入手したとブログで紹介されていました。ブログはこちら

それはドイツ軍マニアの方が3Dプリンターで制作された物だそうでかなり正確に再現された物でした。



それを見た私が、情けない事に
『いいなぁ~うらやましいなぁ~(´・ω・`)』
とコメント欄に入れたところ・・・・・・・



なんとFoxtrot-Deita様から
『よかったら寸法取りにお貸ししましょうか?』



えっ?


い・・・・・・・今なんと申されました!?


この様な貴重な品をただのド素人の私めに貸していただけるなんて!!



あなたは・・・・・・・・・なんて良い方なんだ!!




前回のデータマトリックスコードと良い、なんと気前の良い方!感謝の言葉もございません!!
ヽ(≧▽≦)ノアリガトウゴザイマス!!





それでは、さっそく送っていただきました、3Dプリンター製 LLM MK3がこちらです!!









3Dプリンター製ですのでスイッチ類は動きませんし、もちろんライトも点灯しません、完全なるモックアップです。
しかし、きっちりと色を塗り分けてあり、さらにライトの部分には透明のレンズとその奥にはLEDと思われるパーツがちゃんと仕込まれています。
雰囲気抜群に仕上げてあります。((((o゚▽゚)o)))ワクワク






透明のレンズにLED?の部品まで見えます。



このLLM MK3を年末から一生懸命ノギスで測って図面にしておりました(;^_^A


しかし、お預かりさせていただきましたこのLLM MK3ですが、実物ではスイッチの配線が入る部分が埋めてあったり、




レールに取付ける為のマウントが無かったりします。



エレメントやVFCなどから出ているレプリカのLLM01のマウントを使えば取付け出来るようですが、マウントの穴位置が違うため、一か所だけで止めているそうです。




しかし、細部の再現は実物の写真と見比べてみても、よくぞここまで再現されていると感心してしまいます。






いつまでも関心しているだけではだめなので、年末から年始そしてつい最近まで図面と格闘してやっと図面が完成しました!


こんな感じです!





あとはこの図面を使って3Dプリンター作ってから現物の確認をしていこうかと思っています。(;^_^
頼んだぞ俺の相棒JGAURORA A3




  


Posted by 裸の男爵  at 23:26Comments(0)LLM