2017年09月30日

L129A1の気になるパーツ・・・

久しぶりにL129A1のお話です。










以前の記事で【trijicon の載ったL129A1は一度回収されて新たに Sniper Support Weaponとして再配備されたとの事です。】とお伝えしていましたが、<実は今でも6倍率のtrijiconもちゃんと配備されているようで、シャープシューターライフルのL129A1とスナイパーサポートウェポンL129A1が両方とも存在しているようです。過去の記事



やっぱりあの6倍のtrijiconを搭載しているL129A1は迫力があって好きですね。
(o^―^o)




さて、今回は題名にありますようにL129A1の気になるパーツです。



いつもの様にイギリス軍の画像なんかを漁っているとなんだかL129A1に見慣れないパーツが・・・・・






別の写真では右サイドに取付けられていました。











皆さんこれなんだと思います?(。´・ω・)?

ぱっと見、飛行機なんかにあるピトー管の様にも見えます。








しかし、別に速度を測るわけでもないし・・・・・・
なんのパーツだろうなぁ~って画像を漁っていたら・・・・・・・











ありました!!

これです!!





なんと!L85のバヨネットをL129A1に取付けるためのアダプターだったんですね!



そういえば忘れていました、世界でも珍しいブルパップ小銃による銃剣突撃を成功させたイギリス軍です、小銃にバヨネットが装着できない方がおかしい!

なるほど、やっぱりイギリス軍ですね、期待を裏切りません( ̄ー ̄)bヤルネ!















おまけ

と言いますか、報告になりますが実はL129A1のフロントレール部分も図面にしました。



実物のL129A1はアッパーフレームと一体型のモノリスティック仕様ですが、今回は以前に自分で制作したL129A1もどきを参考にいたしまして、現在市場にあるSR-25タイプの電動GUNにも取付けできるように図面を引きました。

今は自分の制作したL129A1もどきClassic Army M110(SR-25)に取付けてテストしたいなぁ~って妄想中です(^-^;

実際出来上がるのはもう少し先になりそうですけどね(^_^;)



  


Posted by 裸の男爵  at 02:10Comments(2)L129A1