2016年11月30日

G&G L86A2化計画 スタートします。

この企画も立ち上げてからずいぶんと時間が経ってしまっています。(; ̄ー ̄A

少しですが進捗状況を説明いたします。



ICS L86A2のパーツを確認します。その2の中でフレーム下部に取り付けるフォアグリップとバットプレートが、そのままの状態では取り付け出来ないことを説明していましたので、それらをどうやって取り付けるかのご説明をします。


先ずはバットプレート


実物の方が幅が狭いために加工しないと取り付けできません。
出来るだけ実物のパーツには傷をつけたくない・・・・・・・・
しかしG&GのL85A2は内部にメカBOXが詰まっているので幅を狭くすることは出来ない・・・・・・・・・

うーん・・・・・・・ (;¬д¬)ドウスルカ・・・・・・


実物パーツ加工しちゃえ!



この出っ張り邪魔、カット!



はいすっきり!





さらに内側の狭い部分をデザインナイフを使ってカット・カット・カット!!


(雑な切り方・・・・・)




思い切ってやってみれば案外気持ちの良いものですね。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ




さらに!G&Gのスイベルリングは実物のバットプレートを取り付けようとすると、少し分厚いので問題ないぐらいまでひたすら削る・削る!



よし!これでバットプレートは大丈夫!

次はフォアグリップ

ICSのL86ではグリップ側にナットがあって、それをフレーム側からビスで固定しています。

しかーし!メカBOXがぎっちり詰まっているG&GのL85A2には内側からビスを入れるだけのスペースがありません。

どうした物かと考えていましたが、ふと少し前に書いたL85シリーズのボルトキャッチについての実物パーツ写真を見て見ると、なんと、後ろのフォアグリップはフレーム側から突き出たナットにはめ込んで下からビスで固定しているではありませんか!




この方法だと内部のメカBOXに干渉しないのでこの方法で固定します!





よーしやるぞー












・・・・・・・・・・・・・・・・・どうやって?

・・・・・・・・・・・・・( ̄_ ̄;・・・・・・・・・・・  


Posted by 裸の男爵  at 04:51Comments(4)L86A2

2016年11月27日

TALON Guripsというグリップに貼る滑り止めシール。

今回の記事はイギリスとは関係ありません。(/・ω・)

前々から気になっていたハンドガン等のグリップの滑り止めの事についてです。






一昔前には滑り止めの加工と言えばグリップパネルに施されたチェッカリングが当たり前でしたが、最近のポリマー化された時代ではグリップフレームを加工してステッピングする事が当たり前になってきましたね。
かく言う自分もWEのM&Pステッピング加工をオーシャンカスタムタクティカルさんでお願いして以来ステッピングの虜になってしまいました。







しかし、ハンドガンにステッピングをお願いするとなるとそれなりのコストと時間がかかってしまいますので、自分で出来ないだろうかと探していると、自分でも出来るUAC ステッピングツールなる物が売られていましたので早速購入。




早速試してみたのですが、グリップを握りやすくするために削り込む位置・ステッピングツールをあてる面をしっかりと計画しないとこのような結果に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(せっかくのFNX-45が無残な姿に(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!)

本来ならもっと他で練習してからすれば良かったのですが、正直ステッピングの技術をなめてました。
( ̄ω ̄;) スイマセン

さすがは本職のオーシャンカスタムタクティカルさん、仕上がりの綺麗さは抜群です。



しかしやっぱり本来怠け者の自分はとある雑誌で見た貼るだけで滑り止めの効果を発揮すると言うシールの事が気になって気になって・・・
o(;-_-;)oドキドキ


はっ、貼るだけならこんなに楽な事はない・・・・・・



そうやって探して探してやっと見つけたのがTALON Gripsそしてなぜか在庫はXD-Mタイプのみ・・・・・・・
(; ̄ー ̄)...どうしよう






ええい買っちゃえ!





購入したのがこれです。




すいません!現物の写真を撮るのを忘れてグリップに貼ってしまいました(T-T )


貼ってしまった状態の写真でスイマセンがいくつか載せておきます。


(本体はWEのXD-Mです。)








購入した時に同封されていました食いつきを良くするためのプライマーをグリップに必ず塗ってから貼り付けてください。
自分の物は貼り付けて1ヶ月以上経っていますが端っこが剥がれたりするような事は今のところありません。
最初はさすがにテープでの貼り付けと言うことで絶対に端っこが剥がれてくるはずだと思っていたのですが、以外に(良い意味で)頑張って張り付いてくれています。

今回購入したTARON Gripsサンドタイプ(ヤスリタイプ)ですが、他にラバータイプもあるそうです。

握った感じはそのまま粗めの紙ヤスリを握っている感じで全然全く滑りません!!

これ!真剣に良いです!

しかもTALON Gripsのホームページを検索するとかなりの種類が作られているのでビックリしました。どこかで扱ってもらえないでしょうか・・・・・( ̄、 ̄;)良いのになぁ。







最後にXD-Mのトリガーガード前面と下面を若干削ってステッピングを施してこれでグリッピングがとても良くなりました。




そしてこのWE XD-Mは近々ヤフオクに出品いたしますので皆様なにとぞよろしくお願いいたします。
あっもちろん出品時にはスライドを分解した状態で出品いたしますのでよろしくお願いいたします。

  » 続きを読む


Posted by 裸の男爵  at 00:55Comments(0)TALON GripsWE XD-M

2016年11月23日

SHIELD RDS!! のような物・・・・いきなり完成です。

プライベートな事でかなり大変な事態に陥ってしまいまして、長い間ブログの更新ができていませんでした。

m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・







以前にSpecter OS4の2本目を完成させてからずいぶん時間が経ちました。


イギリス軍の主力小銃であるL85A2にはこのSpecter OS4とSHIELDのRDSがセットで取り付けてありますので、これをどうしても完成させなければ現用装備にはなり得ません。






しかし困った事にこのSHIELDのRDSは日本で販売されている所も全く見つからず、ましてやレプリカでどこぞが作ってくれる気配すらありません、やっぱり自作するしか方法が無いのですね・・・・・・・・・
( ̄へ ̄|||) ウーム






そんな訳で、少しでも制作に楽になるよう、形が近い物を探してみると、なんとなくですがトリジコンRMRタイプがいいのかなぁ・・・・



中央部分が凹でいるので加工が楽かな~なんて漠然と考えていましたがRMRはある事情で却下いたしました。
その後説明はまた後ほど・・・



SHIELDのRDSは他のドットサイトと比べてもガタイが大きいですが、それはどうやら耐衝撃性に重点を置いているからなんだそうで。
SHIELD社のホームページを覗いてみるとなんとRDSをハンマーでどついて釘を打ち込んでいる写真がありました。



こんな事してもSHIELDのRDSは壊れませんよ的なアピールですが、実際結構タフに作られているようですね。
※最近はやりのハンドガンにドットサイトを直接マウントしますが、これドットサイトが結構壊れるそうで実物のトリジコンRMRでも結構壊れているそうです。その度に買い換えなんてゾッとしますね。
ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓


それでは一応完成させましたSHIELDのRDSのような物がこれです!!



正確に言うとSHIELDのRDSカバーです!!

制作過程を簡単に説明いたしますと、SHIELDのRDSの画像と自分で作ったSpecter OS4と睨めっこしながら大体の形を想像しましたが、SHIELDのRDSはどうやらレンズの部分は他のドットサイトよりも少し小さいぐらいなのが判明。
それならばと、レプリカのSpecterを購入した時に付属していたドクタータイプのドットサイトに被せる形で制作。


上部のヘコみの部分を少しづつ整えて・・・・・・




レンズの前に薄いアルミ板を張り


得意の?パテを盛ってせっせこせっせこ削って行きます。


なんとなく形になってきました、実物と比べると若干レンズの面積が広いように思います。


次にたぶん電池のカバーであろう右側のマルイカバーですが、良い大きさの物がなかなか見つからずに悩んでいましたが、ふとジャンクパーツの中にあった電動GUNのピストン部分、なんとなく重ねてみるとこれが結構いい案配の大きさだったので、Oリングのはまる部分を切り取って接着後ヤスリでゴーリゴーリ削り出しました。(´~`ヾ)


それがこんな感じで出来ました。



後はマウント部分。実物の写真を見ると、結構中央よりに取り付けてあり、なおかつSHIELDのRDSの幅に合わせて大きくなっています。


付属してきたレプリカのドクターサイト用のマウントは後ろよりに作ってあるため、これも加工しなければなりません。
先ずはマイクロフライスを使って上部を2㎜ほどさらいます。


そして画像を見ながら適当に、ほんと適当に台を作って合わせて見ます。


後は金属用パテを使って形を出していきます。だいたいこんなもんですかね・・・・(6 ̄  ̄)ポリポリ



できあがったマウントにはレプリカのドクターサイトを固定するビス穴を新規で開けて先ずは固定します。


それからSHIELDのRDSカバーを前から滑らせるようにしてはめ込みます。こうやって・・・・


ここまで来ます。


最後にカバーをローレットビスで固定すれば完成です!!!





長かった~








若干背が高いように思いますが、その辺はご勘弁ください。

(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
さて次は何にしようかな。




























  


Posted by 裸の男爵  at 04:25Comments(2)Elcan SPECTORDR DRSHIELD RDS カバー

2016年11月02日

あれ以来L85A3の情報が出てきませんね(´・ω・`)

ここ最近ずっとL85A3の情報が出てこないか検索しているのですが、あれ以来ほとんど情報が出てきません。
(´・ω・`)


たしか2017年3月までに更新をするはずだったのですよね・・・・・・・・・・今が2016年11月だから・・・・・・・・・
大丈夫?
予定通りに進んでいるのでしょうかね?
(´・ω・`)



まぁこちらがそんな事心配してもしょうが無いので今まで出てきた画像なんかを細かく確認しようと思います。





ぱっと見て一番の変更箇所が新型ハンドガードです。




以前の記事L85A3でございます。でも紹介していますが、左右側面に見えるのはかの有名なVOLTORが開発したKeyModシステムでは無くHK独自の企画だそうです。


どう見ても一緒なのですが、違うそうです。

KeyModシステムは任意位置にレールを追加出来るようになっていますが、そのスロット部分の内側が斜めになっている構造のため、ミリタリーでかなり荒っぽく使用すると取り付けたレールごともげてしまう心配があるようです。




そのためMAGPULではミリタリーの荒っぽい使用にも耐える事が出来るように、新しい規格でM-LOKを開発していますが、もしかするとH&Kもその辺を考慮しているのかもしれませんね。
しかしもうちょっと形を変更するとかなかったのかな(; ̄ー ̄A


まあそれはさておき、新型ハンドガードの取り付け方法ですが、写真で見る限りHK416のハンドガードと同じ取り付け方法みたいです。




なのでアッパーレシーバーとバレルの部分に何らかの部品を足して固定しているのでしょう。


一応現行型のDanieldefenseは旧型のプラハンドガードと同じようにガスブロックの穴を使って固定しています。
なので新型のハンドガードを取り付けるとガスブロックの穴がこのようになります。



しかし、もう用済みとなってしまったはずのガスブロックの穴をわざわざ出すようにしているのでしょう?
( ̄ー ̄?).....??




なんでだろう~って画像を確認していると見つけちゃいました。


それがこれです。グレネードランチャー



これの取り付け部分を拡大すると・・・・・・





わざわざ別に取り付け用のアダプターを作って固定しているようですね。でもどうしてでしょう?
たしかM320グレネードランチャーレールに取り付け出来るようになっているので、特に他のアダプターは必要無いはず。
(; ̄ー ̄)...?

レールの長さも極端に短いと言うわけでもないので、何か他に理由があるのでしょうか・・・・・・・・




L85A3に対する現在の情報では公開されている画像は全て【プロトタイプの状態である】とされています。
新規でアッパーレシーバーを設計しているとの情報もあるので早く正式なL85A3の姿が見てみたいです。







  


Posted by 裸の男爵  at 17:02Comments(0)L85A2L85A3