2018年05月13日

ワンオフ!ARESL85に

前回はL85A3ハンドガードキットのお話をしました。

この記事の最後に、ある方から他社製L85A2をお借りしてA3ハンドガードキットを取付けていると言いましたが、1か月以上の時間を要してやっと完成致しました。

メーカーは
ARES
お借ししていただいたのはやはりこの方!イギリス軍装備の大先輩
Foxtrot-Delta様!

以前のLLM MK3の時からそれぞれ長い間お借りしまして誠に申し訳ございませんm(__)m
おかげでワンオフといった事になりましたが何とか取付け出来ました(;^ω^)


こちらが完成したARES L85A3です。




以前から制作していたのはG&G製L85A2でしたが今回はARESに挑戦させていただきました。

L85を作っているメーカーはG&G・ARES/STAR・ICSそして唯一のガスブロではWEですが、各社とも見事に独自のパーツ構成をとられています。
この辺は電動M4のように同じ規格で作られていると取り付けも楽だったのですが、そういう訳にはいきません。(;^_^A

しかし、ARESのコピー元と思われるMMCL85A1
当時としても驚異的な再現度
であの当時よくあそこまで実物に近い寸法を計測できた物だと感心してしまいます。
その為、限りなく実物に近いG&Gとはパーツ構成が違うのですが、奇跡的にもA3ハンドガードがほぼピッタリでした。

あとはA3ハンドガードを取付ける為の専用アダプターを作って取付けます。


先ずはハンドガードアダプター



基本的な構造はG&Gの時と同じバレルを左右から挟み込んで固定します。



そしてG&Gの時はバレルに固定する事が出来ないので、横からイモネジで固定できるようにしていましたが、ARESの場合元々アッパーフレーム前方、ちょうどハンドガードの根本の部分でバレルを固定するために前方からM3のネジで固定されています。
それを使ってA3アダプターを固定できるように設計いたしました。



設計段階では下の部分だけで固定する方法では強度的に不安があったのですが、バレルと各パーツのクリアランスをきっちり取れたのでガタも無くしっかりと取付け出来ました。(⌒∇⌒)


更にアダプターには側面にバッテリー配線が通るように溝を作っています。





次にアッパーフレームのトップレール



こちらもG&Gとは構造が違い元々のレールは上からねじ止めされていました。
リアルな構造ではありませんがトップレールを後付けするのにはありがたい構造でネジによって上から押さえつける事が出来るので強度の面からでも非常に安心して取付ける事が出来ました。







次にガスブロック



このガスブロックは実は3Dプリンター製ではなくARESのL85のガスブロックを加工した物です。

このARES製L85A2をお預かりした時にはパーツの交換で元に戻せるように考えていました。

しかし、このARESのアウターバレルはガスブロックから前後に分かれています。
しかもフロント側のアウターバレルはガスブロックに直接ねじ込まれているので、A3のガスブロックを再現しようとすると3Dプリンターで作った樹脂にネジを切って入れるようにしないと取付け出来ません。
実際に作ってみましたが、強度の面でこれは無理だと思いましたので、ここは持ち主のFoxtrot-Delta様に了解を得て現物を加工いたしました。



通常通り分解できるように加工いたしましたので、そんなに綺麗にはできませんでした(言い訳です(;^_^A)




最後にG&G用に作って保管していたA3ハンドガードを取付けて完成です(;^_^












あっそういえば忘れていました、塗装もこちらでさせていただきました。
本体の塗装は一度紙やすりで塗装を剥がしまして(;^_^



写真は作業途中です、あまりにも疲れたので塗装を完全に剥がしたところを写真に撮っていませんでした(;^ω^)




しかしやはり一番疲れるのはこの塗装作業でした、次に塗装をお願いされてもちょっと受けたくないくらいです
(;´Д`)ツカレタ~



Foxtrot-Delta様、長い事待っていただいて申し訳ございませんでした、ARES L85A3は今日発送いたしました。

何卒よろしくお願いいたします。

m(__)m  


Posted by 裸の男爵  at 23:39Comments(4)L85A3

2018年05月05日

L85A3 ハンドガードキット 試作が到着しました。




時の経つのがこんなにも早いと感じるようになればそれはもうオッサンの証拠・・・・・・
気が付けばまたもや1か月ブログを放置していました(;´Д`)



そんな忙しい状況でも続々と発信されるL85A3の画像達・・・・・・・・・
自宅にある安物の3Dプリンターを使って制作したL85A3はそんな画像からは見えていなかった部分が公開されるようになり、自分の想像だけで書いていたハンドガードの断面やガスブロックなど確認できるようになりました。
そんな中ブログでお世話になっておりますKafu'さまがなんと私(裸の男爵)の作ったL85A3キットの組込みレビューをしていただきました。
自分で作った時よりもさらに再現性の高い物に仕上げられており、新しくなったアッパーレシーバーの溶接痕トップのレールの部分の塗装が違う事などさすがはマニア様と言った仕様にアップグレードされていました。
まさに脱帽です(;^_^A

途中で何度かKafu'さまとやり取りや意見も聞かせていただいた上で今回のL85A3キットに改良を加えた物が、3Dプリントサービスで有名なDMM.makeから届きましたので改良部分のご紹介いたします。




DMM.makeへ発注した素材は(ナイロン)で、白くざらっとした感じです。
他の素材も確認はしてみたのですが、寸法的に作る事が出来ない、もしくはめちゃくちゃ高額(5~60万円)になってしまいます。
なので今のところナイロンで作ってもらうのが強度的にも価格的にもバランスが良いようです。


先ずはA3ハンドガード

一番最初に作ったL85A3ハンドガードは写真からイメージを再現しているためにとりあえずの強度しかありませんでした。
ここ最近の公開された実物の写真を見ていただくと分かるように、断面の形状が変わった形をしている事が判明。

これを元に図面の修正をしようと考えたのですが、どうせならゲームで使用しても問題ないような強度を出したいと思い2.5㎜で設計していたハンドガードの厚みを全体的に1㎜増やして3.5㎜に変更して強度を倍増させました。



ハンドガードの断面も実物のそれらしく変更しています。






次に取付けアダプター

ハンドガードの厚みを増やしたのでその分、取付けアダプターを小さく作らないといけません。
さらに今までのテストで不要だと思われる部分をカットしました。
またKafu'さんの意見もあり、すぐに折れてしまいそうな羽根の部分を無くしてしまいました。



上の黒い物が旧型、下の白い物が新型(DMM)です。
旧型にあった羽根はアダプターが前方にすっぽ抜けてしまわないようにわざわざ取付けてあったのですが、薄くて強度的に問題があり、折れてしまうと結局その機能は無くなってしまうので、思い切って羽根を無くしてしまいました。
代わりにアダプターの内側にインサートナットを埋め込むようにして外側からイモネジでバレルに固定するようにしてみました。







あっ、ちなみに以前は無かったのですが、念のためバッテリー用の配線穴も開けておきました。
ただし、寸法的にギリギリのため配線を通す場合にはご注意ください。





次にガスブロック



この部分はKafu'さまのブログでも触れていただいたのですが、完全なる自分の想像図だった割には良くできていた部分なので、これと言って変更する事もなかったのですが、どうせならガスブロックにもハンドガードを支えてもらおうと思いハンドガード内側にきっちり合うように形状を変更いたしました。



おかげでハンドガードに隙間無く入ってくれます。気持ち良い~( ´∀` )



下側も隙間がありません。
おかげでハンドガード根元のボルトだけではなく、ガスブロックでもガタを無くしていますのできっちりと取付けする事が出来ました。


最後にTOPレール




こちらは特に変更箇所は無く、DMM.makeから仕上がってきた物となります。






最後に塗装して完成なのですが、こいつが結構厄介でして・・・・・・
取付けレビューをしていただいたKafu'さまともお話していたのですが、ハンドガードの部分がちょっと複雑な色をしています。
現在は色々試している最中なので良い結果が出ましたらお伝えしたいと思います。





このキットはG&GのL85専用なのですが、いつもお世話になっていますあの方へ無理を言って他社のL85をお借りいたしましてそこにA3キットを取付けています。
次回はその取付記を書きたいと思っております。
一か月以上お借りしているのでいい加減完成させないと申し訳ない・・・・・・・
(´;ω;`)スイマセン


  


Posted by 裸の男爵  at 01:55Comments(6)L85A3

2018年03月29日

イギリス軍がL110(MINIMI)を手放す!

ちょっとびっくりなニュースです。(◎_◎;)






自分の大好きなL86A2を押しのけて採用されたイギリス軍のL110A2/A3(MINIMI)が今後装備から無くなってしまうそうです。


(写真はL110A2)

以下翻訳サイトで訳した文章の一部を掲載いたします。

『L110の真の最大有効範囲は250mであり、中間範囲の近似には完璧であるが、より長い範囲では精度が急速に低下する』

もっと詳しい内容はこちらでご確認ください。

どうやらイギリス軍では100発のベルトを付けたL110では重量が8.5㎏となり、兵士一人の負担が大きいと考えているようで、どうせ【真の最大有効射程が250m】ならばそれなら今後はグレネードランチャーを装備したL85A3でそれはカバーできるだろうとの事。






300~400mの制圧はL110よりも役に立つだろうとの考えのようです。(グレネードランチャーの最大有効射程は350m前後)
それ以上の射程になる場合は以前から採用され信頼性のあるL7GPMG
があてられる。






更に追加装備としてL129A1の配備数を増やす事も考えているようですが、入札はまだ始まっていないようです。




最近ではアメリカ海兵隊がMINIMIからH&KのM27に変更したように、イギリス軍でも中間距離で5.56㎜をばらまくより少しでも正確な射撃をした方が弾の節約にもなるし有効だと考えたのでしょう。
少し前には各国の軍隊がこぞってFN MINIMIまたは類似のLMGを採用したものですが、今やその流れも変わりつつあるのですね・・・・・・・・

中途半端に無駄弾撃つより少しでも正確に敵に有効弾を与え、さらに移動の際には兵士の負担とならないようアサルトライフルのような物が望ましいとこう言った感じなのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・ん?



待てよ・・・・・・・・・・・・




どっかでそんなアサルトライフルのような物見たことがあるぞ・・・・・・・・・




イギリスの奴で名前がたしか・・・・・・・・・・・・・・・・・






L86A2じゃねえか!!




しかしイギリス軍ではL86A2の復活は考えていないようです(´;ω;`)ウゥゥ
あんあに命中精度いい奴なのに、もったいない! ヽ(`Д´)ノ
新しいハンドガードとより軽量なバイポットでも装備させて再配備してくれれば良いのに!!









おまけ

ところで以前から何度も話題に出しているこちらのL86A2の写真。



真ん中のL86A2がバイポットとハンドガードを取り外してどこか知らないハンドガードに交換されて使用されている写真、このDanieldefenseでもないB&Tでもない奴。
いったいどこのハンドガードだろうと不思議に思っていましたが、ついに分かりましたそれは・・・・・



SUREFIRE(シュアファイヤ)製L85用ハンドガード



おどろきましたね~まさかSUREFIREがL85のハンドガードを作っていたなんて(◎_◎;)

  


Posted by 裸の男爵  at 01:11Comments(0)L86A2L85A2イギリス軍

2018年03月21日

日英合同訓練続報

前回の記事を書いた時にタイトルを間違って、次回書こうと思っていたネタを書いてしまいまして(;^_^A
すぐにタイトルを変更したのですがしばらく残っていました・・・・・

と言う訳で今回のネタは

日英合同訓練続報です。



色々調べまくっていた今回のネタですが、何の事は無い普通に駐日英国大使館のブログに載っておりました(;^_^
合同訓練の詳しい内容はこちらでご覧になれます。


駐日英国大使館のブログより
陸上自衛隊富士学校の偵察部隊隊員は、米国海兵隊、英国陸軍と共に「バンブレース・ウォーリアー」訓練を研修しました。英ウェールズで、持続的隠密監視部隊(SCS)によって構成された「バンブレース・ウォリアー」訓練では、近距離目標偵察訓練、遠隔射撃の終末誘導訓練などが行われました。

書かれていた一部をそのまま載せさせていただいております。m(__)m





しかし!

しかしですよ!

自分が驚いたのがイギリス軍の兵隊さんと一緒に写っている自衛隊員を見てください!

なんと!L85(SA80)を装備しているではありませんか!!

陸上自衛隊員がL85を装備しています!!!





他にも偵察行動中の写真や





無線で連絡をとっている写真が載ってありました。




そして今年、2018年には今度はイギリス軍が富士の陸上自衛隊の演習場で合同訓練を実施する事がすでに決まっております。



以前にも言いましたが、各ミリタリー雑誌様!

どうか!

どうか!日英合同訓練の総力取材をよろしくお願いいたします!m(__)m




















おまけ

というか宣伝です(;^ω^)


新しい小物を作りました。

また同じような物ばかりなのですが、

レプリカSpecter DR に東京マルイ マイクロプロサイトを載せる事ができるマウントベースです。






ヤフオクはこちらです。

以前にヤフオクの質問でお問い合わせいただいた物を制作しました。

レプリカのドクターサイトが壊れてしまった人や、何か違うドットサイトを載せてみたいと思った方にどうでしょうか?(;^_^
東京マルイ マイクロプロサイトの取付けネジの部分にはM3のインサートナットを使用していますので繰り返しの脱着にも対応しております。

他にもレプリカのRMRを載せる事の出来るマウントなども制作しております。

ヤフオク一覧はこちら

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
  


Posted by 裸の男爵  at 21:09Comments(2)自衛隊イギリス軍

2018年03月16日

L85A3(SA80A3)

3月ってなぜこんなに忙しいのでしょうか(。´・ω・)?

一か月以上放置したのは初めてでございます(T_T)


自分がブログの更新をさぼっている間に大先輩のKafu'様、Foxtrot-Delta様がイギリス軍新装備VIRTUSや新型レーザーサイトLLM03のとてもマニアックなコラボレーションをされているのを楽しく拝見していました(;^_^A

その間に世間ではどうやら最新のL85A3(SA80A3)の画像が公開されたようです。
こちらから確認できます。


最初に配備される部隊はGrenadier Guards(グレナディアガーズ)という部隊だそうです。



このパッチは闘牛でしょうか?初めて見ました。

以前に3Dプリンターを使ってL85A3を制作した自分にとって今回の写真では新発見がありました!

(これは自分で制作したL85A3です。)(;^_^A



それは新型ハンドガードの断面です




自分で制作したハンドガードは公開されている画像から出来るだけの想像力で作った物なので、新しい画像が公開される度に新発見があります。

(自分で作った方のハンドガードです。)



実は写真の以前に3Dプリンターで作ったL85A3は一度取り外してある方のもとへ旅立っていきました。
(T_T)いままでありがとう。

というのも、以前から公開されていたL85A3の画像をずっと見ていると、新型レールの下側先端部分の形状が若干違うように見えてしまい少しの修正を加えて新調しようと思ったのです。


最近ちょっと3Dプリンターの調子が悪くて、なんとかメンテナンスも終わって、やっとハンドガードが新調されたばかりなのに・・・・・・・・
こんな最新画像をみてしまうとやっぱり・・・・・・・・・・・・



修正したくなるじゃないですか!!


L85A3のハンドガードが余ってしまうな(・_・;)どうしたものか・・・・・・・・・・・






おまけ


おまけというか以前にLLM MK3を作った時に仕入れた3Dプリンター用のゴムフィラメントが余っていたので、お遊びでこんな物作ってみました(;^_^




L85のスコープがSUSATからトリジコンに変わり始めの頃によく見た
アイカップ


(実物の写真です。)

一時本当に欲しかったのですが、ミリフォトにも登場しなくなり忘れてしまっていたのですがふと思い出して作ってみました。
(;^ω^)



しかしゴムフィラメントは調整が難しく不安定でなかなか綺麗に出来上がってくれません。



内側はもっとひどくて糸引きまくりでとても製品にはできない状態です。
温度の調整や印刷スピードで何とかなるかなぁ・・・・・





  


Posted by 裸の男爵  at 23:04Comments(3)イギリス軍L85A3