2017年04月21日

イギリス軍採用L9A1ですが、ブローニングハイパワーではありません。






前回の投稿からどんどん時間が経ってしまいました。
仕事の忙しさが尋常ではありません。( ̄ロ ̄lll) 

その為ブログの大先生Kafu’様からお誘いいただいた西側装備祭り3に危うく仕事でいけなくなりそうでしたが、何とか午前中だけは強行で参加いたしました。

前回の西側装備祭りでは3名だったイギリス軍チームですが、今年はKafu'様がお誘いされた3名と個人で参加された1名(なんと岡山県からの参加!)合計6名となりました!!
当日は午後からのゲーム開始の合図と同時に帰ってしまった自分ですが、本当に楽しい時間を過ごせました、皆様ありがとうございました。

西側装備祭り3の模様は後日お伝えいたします。


さて本題に戻ります。

実は前回のブローニングハイパワーの記事で何時ものようにヤフーの画像検索を行なっておりましたが、その時にイギリス正式名L9A1で検索しているとHITしたのが、


L9A1 51㎜ Light Mortar



全然知りませんでした、イギリス軍ではこんな兵器も使用していたのですね。




実はずっと以前にほとんど書き上げていたのですが、結局アップしなかった話がありました。

それが八九式重擲弾筒



迫撃砲でありながら個人での運用が可能で、しかもそこそこ威力と射程(670m)があり、腕の立つ兵士が使用すればかなりの確立で目標に当てることが可能であったようです。
以下ウィキペディアより。

【沖縄戦におけるシュガーローフの戦いでは、擲弾筒が効果的に運用されたことが記録されている。特に米軍の突撃小隊を支援する機関銃分隊に対し正確に撃ち込まれ、頻繁に射撃後の移動を行わなかった機関銃分隊は生き残れなかったという。】

また有名なエピソードとして捕獲した米兵が太ももにピッタリくることから間違ってニーモーターと呼び、それを信じた者が本当に太ももにあてて発射し、大腿骨を骨折するという事故を起こしてしまいます。



ほんとにやってるよ・・・・( ̄◇ ̄;)


まあそれはそれとして・・・・・



こちらのL9A1 51㎜ Light Mortarですが、L85に取付けるグレネードランチャーが装備されるのと同時に廃止されていくはずでしたが、現場での運用の観点から現在ではバージョンアップされた新しい60㎜の迫撃砲に変わっているようです。


60㎜の迫撃砲。


ブログのネタ探しにイギリス軍の画像は結構注意深く見ていたつもりですが、気がつきませんでした。











色々画像がでてきました。




次回はブローニングハイパワーの話題に戻りたいと思います。こんなこと言っといてまた別の話題をするかもしれませんが、何卒お付き合いくださいませ。m(_ _)m




  


Posted by 裸の男爵  at 20:37Comments(2)L9A1Light Mortar

2017年03月18日

ブローニング・ハイパワー Browning Hi-Power

お久しぶりの更新です。ブログをはじめた頃はあんなにブログネタがあったのにG&G L86A2化計画が終わってからは完全にネタ切れ、引きこもり状態が続いていました。


俺なんて・・・・・俺なんて・・・・・・・・







悩んでいても仕方が無いので、とにかくブログ再開です。
(; ̄ー ̄A




今回のネタは名銃ブローニングハイパワーです。


かの有名なジョン・M・ブローニングの最後の作品として知られていますが、

(John Moses Browning)

自分はどちらかというと後の設計を引き継ぎ改良・完成させたFALの設計者
デュードネ・ヨセフ・ザイーブの方が素晴らしい仕事をされたと思っております。


(Dieudonné Joseph Saive)



しかし自分は決してジョン・M・ブローニング先生を評価していない訳ではありません。(なんで上から目線?)


当時のオートピストルはグリップにマガジンを装着する場合、『シングルカアラムでしか無理でしょ!』といった時代でした、それも22口径や380口径ではなく、9㎜をダブルカアラムとした上、グリップをとても握りやすく設計し世間を驚かせました。
自分はマルイのガバしか知らなかったクソガキでしたが、その時初めて握ったS&Wのオートの、まるで角材を握らされた感覚にはビックリしさせられました!(゚-゚;)ウーン


『装弾数を多くするとハンドガンではこんなに無理がでるのか・・・・・・・・・』と子供ながらにダブルカアラムハンドガンは無理だなって思っていました。
しかしある日、マルシンのブローニングハイパワー(組み立て式)のモデルガンを購入した時の衝撃!
なんだこれ!ダブルカアラムでこんなに握りやすいのか!(これでもまだ実銃よりは太い方だった)
w( ̄△ ̄;)wおおっ!

それからは完全にブローニングハイパワーの虜・・・・・・・・・(*/∇\*)キャ
よくよく調べるとイギリス軍のサイドアームとして採用されているではありませんか!
そうなんです、自分の惚れた銃達はL85FAL L1A1ブローニングハイパワーも全てイギリス軍が採用しているではありませんか!!

イギリス軍かっこええ~(v〃∇〃)



すいません、ブローニングハイパワーに話を戻します。m( __ __ )m
ジョン・M・ブローニングは1911で採用していたリンクドショートリコイルをさらに改良し、部品点数を少なく耐久力のあるカム式を採用。







この時ハイパワーはハンマーでは無くストライカー方式の設計だったようです。


詳しい図面等はこちらYonyon様のホームページに詳しく掲載されています。(とても詳しく説明されています)


ここからブローニングハイパワーの設計が引き継がれデュードネ・ヨセフ・ザイーブの手が入ります。
撃発方式がストライカーからハンマーに変更、さらに以前はとても華奢な印象だったボディも鍛えられた感じになります。
最終的には皆様ご存じのあの形になるわけです。




第二次世界大戦が始まる以前の、1934年には完成しており、翌1935年にはベルギーやリトアニアそしてペルーに採用されていますが、イギリスに採用されたのは遅く1965年になってからの事です。
採用当時はいかにもミリタリーハンドガンといった形状でしたが、


(L9A1初期)
最終支給型ではMKⅢのようにフィンガーレストの付いたグリップパネルにランヤードリングを取付けた物が支給されていました。


(L9A1後期)

イギリス軍採用のL9A1には必ずランヤードリングが付きます。





いやーしかしザイーブさん良い仕事されますね~
この方、以外と人間工学と言うか使いやすさと言うのを大事に設計をされる方なんでしょうね、当時の銃器の設計は人間工学(エルゴノミクス)などと言った概念が存在しないかのような設計が当たり前でしたが、そんな中でも使い手の事を考え、各操作系の配置を心がけていたようで後のFALの設計でもセレクターやマガジンキャッチ・ボルトリリースの配置が非常に使いやすい位置にある事からしても、設計士として優秀であった事がうかがえます。



そしてポリマーオート全盛期となってしまった現在でもある程度の需要があるのかどうか分かりませんが、アメリカでも名だたるカスタムメーカーが、ブローニングハイパワーのカスタムを行っており、最近でも1911で有名なナイトホークがカスタムラインにハイパワーを加えています。










ここから少しだけブローニングハイパワーのカスタムをご紹介したいと思います。




ノバックサイトで有名なノバックカスタム



ナイトホーク




その他


リヤサイトが特徴的な40SW弾仕様







スライド・グリップをかっとしてコンパクトにしてあります。



将軍大好きエングレービング



調整可能な大型のリヤサイト付き。


ブローニングハイパワーは自分にとってグリップの長さ・グリップアングル、バレルのサイズ(長さ)、最高です!
。( ̄∇ ̄*)oグッド!!d(* ̄∇ ̄)。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・いっ、いかんまた病気が・・・・・・・・・・・・



〇Eのブローニングハイパワーを加工してMKⅢを作りたい病が・・・・・・



どうしようかな・・・・・・・・・・・


タンジェントサイト削って作っちゃおうかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(〃 ̄ω ̄)


つづく・・・・・・・・・・・・・



  


2017年02月23日

ヤフオク出品中





G&G L86A2化計画が完了してからと言うもの・・・・・・
目標が無くなってすっかり抜け殻の様になっています裸の男爵でございます。

市場に無い物は自作しちゃえ!と思い立ってはじめたブログですが、製作費用と時間が想像以上にかかりまくり心も懐も抜け殻の様になってしまいました・・・・・・・・
( ̄▽ ̄;)!!

そんな訳で、にっちもさっちもいかなくなったので今後絶対に売らないであろうと決めていた物もヤフオクに出品しております。
よろしければご覧ください。
(;▽;)


先ずはG&GのL85シリーズにたまに装着されている
【ピストンの下駄】
です。



G&GのL85シリーズはロングストロークタイプのピストンですが、仕様によってはこのパーツを間に挟んでノーマルサイズのピストンを使用出来るようにしています。


このパーツをノーマルサイズのピストンとピストンヘッドの間に入れて固定します。


取付け例です。


以前に製作したL129A1でもロングストークピストンを使っていたので、どうせなら少し多めに仕入れようと思って調子に乗ったはいいのですが・・・・・
結局は使わずに引き出しにしまってあるので、もし使ってみたいとお考えの方はこの機会にどうでしょうか?

ヤフオク G&G L85 ピストン用 下駄はこちら







さらに

大切にしていた実物MAGPUL MIAD をトレポン用に加工してある物です。



MOVEさんに加工を依頼して購入した物です。

ヤフオク トレポン用 MAGPUL MIADグリップ





最後にトレポンです。

DanielDefense DDM4 OMEGAX12FSP仕様です。



あのラリービッカースが使用していたDanielDefenseのM4に惚れて製作した物です。




フレームは鈴友のセラコートとDanielDefenseの刻印
実物 DanielDefense OMEGAX12 FSP(フロントサイトポスト)
実物 DanielDefense リヤサイト
実物 SUREFIRE X300
レプリカ DanielDefenseタイプ バーチカルグリップ(ショート)
レプリカ DanielDefenseタイプ T-1マウント
レプリカ T-1タイプドットサイト(グリーン・レッド切換)
レプリカ VLTOR IMODストック
レプリカ PMAG

こんな感じです。

ヤフオク DanielDefense DDM4はこちら

皆様なにとぞよろしくお願いいたします。
(/TДT)/あうぅ・・・・  


Posted by 裸の男爵  at 03:28Comments(0)ヤフーオークション

2017年02月09日

L129A1シャープシューターとL86A2の話。



前回、G&GのL85A2をL86A2に改造するという無謀な企画を完了しましたが、その記事の最後に載せた上の写真についてです。


自分の昔の記事L86A1からA2への改良点の最後に写真だけを載せていましたが、その時にはさほど深刻にも考えずに一部の部隊が使用した物だろうと考えていました。
┐( ̄ヘ ̄)┌ マイッタネ。



しかし、L86A2の画像を探していると久しぶりにこの写真が載っているブログにたどり着いたので、何がかいてあるのか気になりGoogieの翻訳を使って調べてみたところ、そこには
L129A1シャープシューター
L86A2
に関する事が書かれていました!

注意:自分は英語力は全くないので、完全にGoogle翻訳任せであることをお許しください。






その内容ですが、まずアフガニスタンなどの戦闘でより遠射能力の必要に迫られて採用した
L129A1シャープシューターライフル
採用当初はLMT L129A1の上にはtrijicon のでっかい6倍が載っていました。


このタクティコーな感じが格好良くて好きだったのですが・・・・・・・


どうやらこのL129A1の弾道とtrijicon の6倍の目盛(レティクル)が合っていないようで本来の性能が発揮されていないようです。
しかも!あのtrijicon の載ったL129A1は一度回収されて新たに Sniper Support Weaponとして再配備されたとの事です。




Sniper Support Weapon・・・・・・・・・SSWとして・・・・・・・・・・・あっ!


そういえばありました!自分で記事にしてました!これですね!記事はこちら





あの時はL129A1にはトリジコンを載せたタイプとSSWとしてのタイプの2種類が同時に採用されていると思い込んでいましたが、実際は
トリジコンを載せたL129A1を一度回収してSSWとして再配備した
と言うのが正しいようですね。ビックリです。( ̄◇ ̄;)


さらに記事にはL86A2についても書かれていました。
うわさではL86A2はLSWからマークスマンライフルに転用できるほど命中精度が良いとは聞いていました。
この文章では実際にL86A2は500メートルでの精度は最高と書かれています。



そしてなんとL86A2は救命救助隊の補佐部隊(これがどの部隊になるのかは自分には分かりません)に再配備されているそうです!
再配備にあたってL86A2は古いバイポットをL129A1で使用しているベルサに交換し、ハンドガードをレールタイプに交換してテストしているそうです!

まさしくこれですね!!




しかし、うわさには聞いていましたが500メートルの命中精度が最高ってすげーな( ̄O ̄;)


とにかく、すでになくなってしまうと思っていたL86A2がこのような形で再配備される事に感激しております。

G&G L86A2化計画やめなくて良かった・・・・・・・・o(T^T)o  » 続きを読む


Posted by 裸の男爵  at 04:02Comments(0)L86A2L129A1Classic Army M110(SR25)

2017年02月07日

G&G L86A2化計画 その7 完成しました。





ついに!

G&GのL86A2が完成いたしました!!






いやー、この企画も思いついてから長いことかかりました。

2016年の年末には出来るだろうと勝手に思い込んでいましたが、年をまたいで、しかも2月になってしまいました。
ゞ( ̄∇ ̄;)


とまあそんな訳で、ずいぶんと製作に時間がかかってしまいましたが早速G&G L86A2の総まとめです。


以下使用パーツです。





実物パーツ
①L86バットプレート
②L86バイポット
③L86ハンドガード

ICS L86A2のパーツ
④フォアグリップ
⑤フラッシュハイダー
⑥ボディエクステンション

ナギサプロジェクト
⑦延長バレル&G&G L85A2バレル加工

G&G L85A2 本体(中古)




一番最初に取付けたのが、実物のL86バットプレート、G&GのL85の方が左右に1.5㎜ずつ計3㎜ほど広かった事もあり、実物パーツの方をデザインナイフ等で切って削ってを繰り返して、現物を確認しながら取付けました。 (詳しい取付け方法はこちら)





次にフォアグリップの取付けですが、他社で作られているL86のフォアグリップは大抵の場合、ロアフレームの内側からボルトを出して固定する方法です。
しかしG&G L85の場合はロアフレームとギヤBOXの間に隙間などは無く、ボルトを通すのが困難でした。
そこで実物の取付け方法を参考にロングナットをロアフレームの外側に強力なパテで固定したのですが、結果フォアグリップも固定されてしまい全く外れなくなってしまいました。( ̄ー ̄; ・・・・・・
(詳しい内容はこちら




これでロアフレームに取付けるパーツは何とか付きました。



次に以前の記事で実物バイポットとICS L86A2のボディエクステンションの寸法が問題無い事を確認していましたので(詳しくはこちら)それらを使ってG&GのL85A2に仮組みをしながらバレルをあと何㎜延長しなければならないのかを計測して、その寸法を要望書にしてナギサプロジェクトさんG&G L85A2のバレルICS L86A2のフラッシュハイダーを送りました。
延長バレルが出来上がるのを待っている間にボディエクステンションの製作をちまちまと開始・・・・



(ボディエクステンションの足りない部分をアルミ板で制作中)


ボディエクステンションの製作途中にG&Gがいかに正確に実銃を再現しているのかを知ってビックリしましたが、(詳しくはこちら
さらに、ナギサプロジェクトさんとの打ち合わせでG&Gのさらなる事実に驚いたのでございます。(詳しくはこちら

まったく、G&Gはすごいメーカーだなぁ・・・・
これでメカBOXがせめて普通に動いてくれたら何の問題も無いのだけれど・・・・・(心の声です、無視してください。)



師走の忙しい時期にナギサプロジェクトさんにお願いしたものですから、結局延長バレルが出来上がったのが西側装備祭2ndが終わってから・・・・・
(ナギサプロジェクトさんは必死にがんばっていただきました。ありがとうございます!!)

お願いした延長バレルは思った通りに素晴らしい出来で寸法がピッタリでした。


(製作途中のボディエクステンションと一緒に仮組みしてみました。)


最後にボディエクステンションの製作です。





(図面です。)


(この実物写真と同じように出来れば嬉しいのですが・・・)




この部分は今回製作したので少し詳しくお伝えいたします。

まずは以前に製作していた部分(詳しくはこちら)とICS L86A2のボディエクステンションを連結させる為にアルミで作った板の方を左右1㎜程度削って、ICSのボディエクステンションの内側に潜りこませるように加工しました。



潜り込ませると以下のようになります。




これをイギリス軍のシャープシューターライフルL129A1もどきを作った時に(詳しくはこちら)使用した【オートウェルド】を使って接着固定しました。



L129A1の時もそうでしたが、アルミの表面にあるコーティングをヤスリで削っておかないといくら【オートウェルド】と言えどもすぐに剥がれてしまいますのでご使用になられる場合はお気をつけください。

これだけでも結構な強度が出たのですが、あくまでも目標は実物パーツの様に仕上げる事なので、足りないパーツをアルミ板を切って貼ってして製作。





オートウェルドが固まったところでヤスリで成型後に黒で塗装しました。

そして出来上がったのが下の写真です。


なんとかそう見えるようにできたのではないでしょうか。
(; ̄ー ̄A


それでは! G&G L85A2に組み込みです。

おそらくG&G L85シリーズにしか無いであろう、L86用のボディエクステンションを挿入する隙間にはめ込んで。




そしてこれを実物同様に左右2個ずつビスで固定。


(これはICSやSTAR/ARESも再現していません。)


次に実物ハンドガードを装着します。


ボディエクステンションを製作する時に気をつけたのが、下部にある斜めのカットの大きさです。
これをいい加減にしてしまうと、ハンドガードが入らなくなってしまいますので製作される方は注意してください。(たぶんこんなの作る奴は自分だけでしょうが・・・)


ハンドガードを固定する突起の部分に入れて。


さあ装着と思ったら、僅かですが、ハンドガードが入りません。


これも実物のハンドガードの方を現物をあわせながら少しずつ削っていきました。



装着完了!





これでG&G L86A2の完成です!!






なとか完成いたしました!お疲れ様でした!!
思いついた時はもっと楽にいけるんじゃないと思っていたのですが、各部分の調整やらなんだかんだでかなりの時間をかけてしまいました。
しかし達成感は半端ないです!コメントを頂いた皆様方本当にありがとうございます!















ところで以前、こんな写真を載せた事がありました。

久しぶりにL86A2の画像を探していたときにふと、この写真のブログにたどりつきましたが、そこには結構な内容の説明文が載っていました。

( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!! マッ、マジデスカ!………

その内容とはL86A2やL129A1シャープシューターライフルにとっての内容が書かれていました。
詳しい事は次回ご紹介いたします。
( ̄ー ̄;








  


Posted by 裸の男爵  at 02:02Comments(6)L86A2